ジュピターテレコムが「第1回タグラグビードリームマッチ2019」を開催

0 286

株式会社ジュピターテレコムは、ラグビーの発展を目的に、3月24日(日)にラグビーの“聖地”こと秩父宮ラグビー場で子どもから大人まで世代を超えたラグビープレーヤーが一堂に会する「第1回タグラグビードリームマッチ」を開催した。

ラグビーワールドカップ2019™の日本開催を9月に控え関心が高まるなか、再開発のため2021年から10年かけて生まれ変わる予定の秩父宮ラグビー場で行った当大会は、優勝を懸けて競うスポーツとしての面白さはもちろん、KDDIの協力により、デジタル革命がもたらす新時代のスポーツの楽しみ方を探る実証実験も行われた。

さらに、試合後はレジェンドOBも参加するアフターマッチファンクションで、対戦チームのプレーをたたえ合うラグビー特有の“ノーサイド”精神も子ども達に体験していただきラグビーファミリーの絆がさらに深まった大会となった。

大会リポート

3月24日(日)晴天、小学生から、国内トップレベルのチーム、草ラグビーチーム、レジェンドOBまでラグビーを愛する老若男女が勢ぞろいし、記念すべき「第1回タグラグビードリームマッチ2019」が秩父宮ラグビー場(東京)で開催された。

大会の競技「タグラグビー」とは、腰につけたタグを取ることによってタックルしたとみなし、身体的接触も禁止というルールが特徴で、初心者、年少者にも安心して楽しんでいただけるラグビー競技である。

ラグビーは15人制と7人制とあるが、タグラグビーは自由。

当大会では5人制で実施された。

大会前の意気込みを招待チームに伺うと、ジャパンラグビートップリーグの「パナソニック ワイルドナイツ」は「本気でやっつけちゃうぞ」と挑発すると、サントリーカップ(小学生のタグラグビー選手権)で全国1,200チームの頂点に立った「八王子市立七国小学校 七国スピリッツラグビー」は、「全チームぶっ飛ばします」と気合満々。

さらに、女子セブンズ最高峰サーキットシリーズのコアチーム「横河武蔵野 アルテミ・スターズ」は、ラグビーを応援するユニット「KAGAJO☆7」のダンスに特別出演するなど、会場を盛り上げた。

決勝トーナメント第三試合ではIoTウェアラブルセンサーを着用しての試合が開始

当大会の決勝トーナメントでは、試合映像に加えデータスタジアムが提供するトライ数などの試合情報を、地域情報アプリ「ど・ろーかる」でリアルタイム配信。

さらに、多くのトップ選手を輩出する2018年度関東大学リーグ戦王者「東海大学 シーゲイルズ」が出場する第三試合では、「Knows」のIoTウェアラブルセンサーを選手が着用し、「ど・ろーかる」配信画面上に、心拍数などのバイタルデータが加わった。

試合会場の現場に居ながら、より詳細な試合情報をスマートフォンで閲覧しながら楽しむという、5Gを見据えた“ながら”視聴で、普段の観戦では見ることができない付加価値が加わり、観戦者も楽しんでいた。

さらに、試合後にはスポーツを安心して取り組める仕組みづくりとしてIoTウェアラブルセンサーの収集データを大阪大学大学院医学系研究科に送信し、選手にフィードバックする取り組みが行われた。

涙を呑んだチームも…

招待チームの4組目である「八王子市立七国小学校 七国スピリッツラグビー」は2018年の「サントリーカップ 全国小学生タグラグビー選手権大会」で4度目の優勝を果たし、全国1,200チームの頂点に立った大本命のチーム。

ところが東海大学と戦った準決勝では2回の延長戦の末にサドンデスで決着。

苦しい戦いで、あと一歩わずかに届かなかった。

跳ね返されてもくじけず、何度も立ち上がる姿に多くの観戦者は感動していた。

小学校の卒業式を終えた春休みの最後のタイミング。

中学校ではタグラグビーはないため、これが最後の大会だった。

東海大学の選手も声をかけて悔しがる子ども達を励まし、コートの外で一緒に自主練をしている様子が見受けられた。

解説やエキシビションマッチではレジェンドOBが大活躍

実況解説の部屋では、2003年、2007年のラグビーワールドカップで日本代表の主将を務めた通算48キャップのレジェンド、箕内拓郎さんが解説者を務め、さらに、エキシビションではラグビー界のレジェンドOB(平均年齢44歳)のレジェンドチームが、中高生のラグビーを応援するユニット「KAGAJO☆7」と勝負!これには、会場の皆さまも全員ピッチに注目していた。

ついに、決勝戦!閉会式&アフターマッチファンクション ラグビー特有の“ノーサイド”精神とは?

ついに迎えた決勝戦。

優勝を争うのは予選から勝ち進み、「横河武蔵アルテミ・スターズ」を11対1で下し、トップリーグの「パナソニック ワイルドナイツ」も7対6で制した、予選から勝ち進んできた小学生チームの「横浜日野タグラグビークラブ[暁]」と、「東海大学ラグビー部 シーゲイルズ」。

両者一歩も譲らない戦いで、勝負は延長戦へもつれ込み、最後の最後でトライを決めて勝利を勝ち取り、大会を制したのは…「東海大学ラグビー部のシーゲイルズ」。

試合終了のホイッスルが鳴り、お互いの健闘をたたえ合ってがっちりと握手。

ホイッスルが鳴った瞬間から、センターラインが消えて敵味方の関係ではなくなるのは、ラグビー特有の“ノーサイド”精神である。

閉会式では表彰式が開催された。

優勝チームにはお米が贈呈され、子どもから普段ご飯をどれだけ食べるのか聞かれると、「お昼ご飯は2合食べます」と現役選手たちは笑顔で回答。

今回はさらに、IoTウェアラブルセンサーのデータをもとに、トップスピードを出した選手に贈られる「スピード賞」と、長距離を走っているにも関わらず、心拍数が上がらなかった人に贈られる「スタミナ賞」の授与式も行われた。

▼スピード賞(トップスピードを出した選手) 
横浜日野タグラグビークラブ[暁] 時速20.7キロ タカノ リオさん

▼スタミナ賞(長距離で心拍数上がらなかった選手) 
横浜日野タグラグビークラブ[暁] 距離1.7キロ マエカワ コウキさん

アフターマッチファンクションではお菓子を食べながら、「大人を本気にさせるほどの実力」と、お互いのプレーを称賛した。

最後には「スリー・チアーズ・フォー・ラグビーファミリー」という掛け声で全員がポーズを決め、ラグビーファミリーの絆を深めるイベントとなった。

特別出展!AIコーチング体験も

さらに、試合会場の場外ではKDDI総合研究所が「AIコーチング」ブースを出展。

子どもたちが並んで次々参加していた。

プロのフォームをAI学習したカメラが、体験者のパスをプロと比較した改善点をタブレットの画面で確認できる仕組みである。

200人を超える人数が体験した。

当日の大会のダイジェスト版は、コミュニティチャンネル「J:COMテレビ」(J:テレ)でも3月30日(土)に放送予定である。

「第1回タグラグビードリームマッチ2019」開催 優勝は東海大学ラグビー部のシーゲイルズ!解体予定の“聖地”秩父宮でラグビーレジェンドOB、現役選手が小学生と交流

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません