ガーミンジャパン株式会社がハンディタイプのゴルフナビ『Approach G80』を発表

0 557

GPSウォッチのリーディングメーカーのガーミンジャパン株式会社は、GARMINのゴルフラインナップとして初めてのGPSによる距離測定とレーダーによるスイング分析機能を搭載した、ハンディタイプのオールインワン ゴルフナビ『Approach G80』を発表した。

発売は今夏を予定している。

『Approach G80』は、発売中の腕時計型GPSウォッチ「Approach S60」に搭載されている「コースマップ」「距離表示」に加え、新しく搭載されたレーダー機能により、ユニット本体を芝生の上に設置することで、推定飛距離、スイングのヘッドスピード、ボールスピード、スマッシュファクター(クラブヘッドからボールに伝わったエネルギーの効率)やスイングテンポの分析を可能にした。

ユニット本体をボールの横に設置できる場所ならどこでも使用可能で、ラウンド時はもちろん、ゴルフ練習場での使用も可能である。

3.5インチのスリムボディでスタイリッシュな『Approach G80』は、半透過型タッチパネル液晶搭載。

プレー中でもサイドボタンで簡単にレーダー機能に切り替えが可能である。

また、ターゲットプラクティスモードを備えており、ゴルフ練習場で目標を設定し、その目標に対して距離を正確に打ち分けることができるか判定する機能も搭載している。

さらに、バーチャルラウンドモードではプレインストールされている全世界約41,000ものコースのフルカラーコースマップデータを使い、様々なコースでラウンドをシミュレーションいただけるほか、練習場で他のプレーヤーと競うことも可能である。

最大で約15時間まで持続する充電式バッテリー付きなので、バッテリーの消耗を気にすることなく、プレーに集中することが出来る。

ゴルフ専用アプリ「Garmin Golf」と連動し、世界中のユーザーとスコアを競い合うことができる。

ゴルフナビ『Approach G80』に搭載の特徴的な機能

〈新機能〉スイング分析機能

・レーダーを使用した、推定飛距離、ヘッドスピード、ボールスピード、スマッシュファクター、スイングテンポのスイング分析機能搭載

〈新機能〉スイング分析を使ったさまざまな練習モード搭載

・ウォームアップ機能:ヘッドスピード、ボールスピード、スイングテンポ、スマッシュファクターの各数値を表示する。
・バーチャルラウンド機能/全世界約41,000コースを収録。
・実際のラウンドをシミュレーション出来るほか、練習場で他のプレーヤーと競う事も出来る。
・ターゲットプラクティス機能/ドライバーやショートゲームの精度や一貫性を測る事が出来る。
・テンポトレーニング/バックスイング、ダウンスイングの速度比率を計測する。

3点間距離表示対応

・高感度GPS搭載で正確な距離を測定(グリーンのバックエッジ、センター、フロントエッジ、ピンの方向と残りの距離、飛距離など)。レイアップしたい場所や、ハザードまでの距離もタッチパネルをタップすることで距離が表示される。

高低差情報対応

・Playslike Distance対応。高低差を考慮したヤーデージが計測出来、正確なショットやクラブ選択に役立てることが可能。

地点間距離計測

・手動(地点間)による飛距離計測が可能。

視認性の高いディスプレイ

・低反射液晶パネル・高解像度のフルカラーディスプレー(282×470ピクセル)採用し、直射日光下でも優れた視認性を確保。高速CPUにて、ストレスのない素早い操作性をタッチパネルで実現。

<製品仕様>
・製品名:Approach G80
・価格:未定(発売日決定後告知予定)
・ディスプレイサイズ:縦76.1mm×横45.7mm 3.5インチ
・ディスプレイタイプ:高解像度カラータッチパネル(282×470ピクセル)
・バッテリー:充電式リチウムポリマーバッテリー(USB接続方式)
・サイズ(WHD):59mm×114mm×16mm
・重量:119g
・防水:日常生活防水(IPX7規格に対応)
・稼働時間:最長約15時間(GPSモード)
・センサー:レーダー、GPS、コンパス、加速度計
※製品スペックは今後変更の可能性がある。

ハンディタイプのゴルフナビ『Approach G80』を発表 GPSによる距離測定とレーダーによるスイング分析機能を搭載

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません