「Syncable」にてオリックス・バファローズ吉田正尚選手の「ファン参加型」で途上国の子どもを支援するための寄付受付を開始

0 149

株式会社STYZが運営するNPOへの寄付プラットフォームサービス「Syncable(シンカブル)」は、2019年3月29日よりオリックス・バファローズ吉田正尚選手が行う「ファン参加型」のホームラン数連動寄付で途上国の子どもを支援するためのキャンペーンページで、ファンからの寄付の受付を開始した。

オリックス・バファローズ吉田正尚選手の取り組み

今シーズンより、オリックス・バファローズ所属の吉田正尚選手が、プロ野球公式戦においてホームラン1本につき10万円を国際NGO「国境なき子どもたち」(KnK)に寄付することになった。

本取り組みでは、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーションのサポート・コーディネーションのもと、吉田選手自身のホームラン数に連動した寄付活動の他、寄付プラットフォームサービス「Syncable」上で寄付受付ページを公開し、ファンの皆様がともに支援に参加できるような仕組みを提供する。

今シーズンは、吉田選手のホームランによる寄付とファンの皆様の寄付によって、目標金額300万円の寄付を集めることを目指す。

吉田選手とファンの皆様からの寄付は、国境なき子どもたちを通じて貧困や虐待により家族と暮らすことができないカンボジア、フィリピン、バングラデシュの子どもたちの保護や教育費として使われる。

Syncable、オリックス・バファローズ吉田正尚選手の「ファン参加型」で途上国の子どもを支援するための寄付受付を開始

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません