読売ジャイアンツとTagboardがファンが投稿したソーシャルメディアコンテンツをオーロラビジョンに投影するサービスを開始

0 122

2019年4月1日 日本 東京都文京区―プロ野球シーズンが開幕し、読売ジャイアンツのホームゲームを観戦するファンは試合だけでなく、他にも楽しめる施策を球場内で体験できる。

日本で最も歴史のあるプロ野球チーム「読売ジャイアンツ」は、アメリカに拠点を置くファンエンゲージメントのリーダーであり、リアルタイムでソーシャルメディアのコンテンツを大型ビジョンなどに投影するプラットフォームを提供するTagboardのサービスを導入した。

読売ジャイアンツのホームゲームでは、東京ドームに約45,000人のファンが収容される。

Tagboardによる唯一無二のテクノロジーを使えば、ファン一人ひとりのスマートフォンから発信されるストーリーを伝統ある球場のオーロラビジョンや場内のスクリーンに映し出すことができる。

「世界のプロスポーツ事業者は、ファン体験を次のレベルに押し上げるための努力を続けています。これを達成するための方法としてタグボードをご活用いただいております。」と、Tagboard創業者兼CEOのジョシュ・デッカーは語っている。

「リアルタイムでの交流により、ファンは他では味わえない体験ができます。スクリーンに映し出されるソーシャルストーリーの一角をファンが担うのです。世界で最も素晴らしい野球チームの一つが我々のプラットフォームを使用することをとても楽しみにしています。」

Tagboardはこれまでも、西武ライオンズ、シアトル・マリナーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツや2018年のワールドシリーズチャンピオンのボストン・レッドソックスを含め世界中で200以上のスポーツチームとそのファンのユーザー体験を充実させている。

読売ジャイアンツとTagboardがファンが投稿したソーシャルメディアコンテンツをオーロラビジョンに投影するサービスを開始

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません