特許インソールで注目のBMZが歩くだけでトレーニング効果が期待できる[アシトレ]を発表

0 606

日常生活をするだけの“ながらトレーニング”で、ふだんは使っていない足の筋力を鍛えられるインソールを発表。

時間に追われ、運動不足になりがちの現代人が抱える「かかと体重」、「浮き指」などの原因を解消し、足の健康寿命を延ばす効果が期待できる。

立方骨で足アーチを確実に支える新理論のインソールを製造・販売する株式会社BMZは、インソール開発を通じ、足から健康な体づくりをめざしている。

今回、新発表となる[アシトレ]は、手持ちのシューズに入れて歩くだけで筋力トレーニングができる画期的な新製品である。

これまでのBMZインソールは、足指を使ったり、脚の筋肉を動かすためのものだった。

新発表の[アシトレ]は、さらに足指の付け根を高くすることで、足指が地面をつかみ、踏ん張れる空間を確保。

ふだん使わない足指が動くことで脚の筋肉を刺激し、ながらトレーニングの効果が期待できる。

[アシトレ]の期待される効果

シューズにインソールを入れる(交換する)だけで……

1.足指が動く → 足指がはたらき、脚の筋肉にも連動効果
2.足アーチをサポート →疲れづらく、キレイな姿勢をキープ

アスリートや部活の学生はもちろん、立ち仕事や運動不足の人も日常生活のなかでトレーニング。

BMZでは、「筋肉痛になることを覚悟の上でお使いください」と呼びかけている。

特許インソールで注目のBMZ、歩くだけでトレーニング効果が期待できる[アシトレ]を発表

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません