スクラムベンチャーズと電通の「SPORTS TECH TOKYO」に伊藤忠などの幅広い業界から企業が参画

0 286

スポーツをテーマに全世界のスタートアップを支援するアクセラレーション・プログラム「SPORTS TECH TOKYO」に、伊藤忠商事株式会社および伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンターテインメント、日本マイクロソフト株式会社、CBC株式会社のパートナーとしての参画が決定した。

「SPORTS TECH TOKYO」は、スクラムベンチャーズと株式会社電通が共同で、世界中から募集したスポーツ系スタートアップの成長を支援し、企業にオープンイノベーションの場を提供する日本発アクセラレーション・プログラムである。

2019年4月8日から3日間に渡って、本プログラムのキックオフカンファレンスが東京・日比谷で開催される。

カンファレンスでは、キーノートスピーカーとしてスポーツ庁長官の鈴木大地氏を迎え、日本のスポーツ産業を担う企業様やスポーツ業界の皆様に加えて、スポーツテックの領域で最先端を走るスタートアップ100社以上が世界中から集まる。

キックオフカンファレンスの概要

・ 日時: 2019年4月8日、9日、10日
・ 場所: 東京ミッドタウン日比谷 および 帝国ホテル
・ 内容: 基調講演、パネルディスカッション、スタートアップ各社によるピッチ、ビジネスミーティングなど
・ ニュースリリースページ: https://sportstech.tokyo/news/819/?ja

パートナー各社は、本プログラムにおいてスタートアップへのメンタリングや事業支援を行うとともに、プログラム後半に選出されたファイナリストと事業開発や実証実験に取り組み、自身の持つアセットを活用しながら新たなスポーツビジネスの創出を目指す。

単にスタートアップとのコラボレーションだけでなく、SPORTS TECH TOKYOに参画している各種スポーツ関連団体や電通と”スクラム”を組むことで、実際のスポーツビジネスに大きなインパクトを与える事業開発に取り組んでいく。

プログラムオーナーである電通・スクラムベンチャーズは、有力パートナー企業の皆様と共に「Sports Tech」関連の技術革新を促進し、その成果をスポーツ界に還元するシステムの構築を目指している。

また、その活動を通じ、国内スポーツ界の一層の発展、およびスポーツ産業の活性化に貢献していく。

プラチナ・パートナー
・伊藤忠商事株式会社および伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ゴールド・パートナー
・ 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
・ 日本マイクロソフト株式会社
・ CBC株式会社

なお、SPORTS TECH TOKYOでは、引き続き新規パートナーも募集している。

今後、本プログラムのパートナー企業を順次発表していく予定である。

SPORTS TECH TOKYOの概要

スポーツ分野で優れた技術や事業アイデアを持つスタートアップを世界から募り、メンタリングをはじめとする独自のプログラムで約1年間の支援を行う。

日米の競技団体、プロリーグ、チームなどの関係者や選手を「スポーツアドバイザリーボード」に迎え、参加スタートアップに対し、ネットワーキングやプレゼンテーションの機会も提供していく。

・概要:
スポーツをテーマとした日本発のワールド・アクセラレーション・プログラム
・特徴:
①世界中からスタートアップを募集
②プログラムは日本と米国で開催
③国内外のスポーツ関係者とのネットワーキング&プレゼンテーション機会の提供
④プロダクト・サービスに合わせて実証実験の環境など活性化機会を提供、
⑤投資を含むさまざまなビジネス機会の提供
・主催:株式会社電通
・プログラムパートナー:スクラムベンチャーズ社
・開催期間:2019年1月から約1年間
・開催場所:日本(東京)、米国(サンフランシスコ市ほか)
・公式ウェブサイト:http://www.sportstech.tokyo
・スケジュール:

世界のスポーツテックスタートアップを支援するプログラム「SPORTS TECH TOKYO」に、大手総合商社の伊藤忠ほか、幅広い業界から企業が参画

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません