インバースネットがハイエンドゲーミングノートPCを新発売

0 175

インバースネット株式会社は、2019年4月19日(金)より、NVIDIA GeForce RTX 2070にインテル Core i9-8950HKプロセッサーを搭載し、G-SYNC対応の液晶パネルを採用したゲーミングノートPCの販売を開始している。

製品の概要

このたび発表する新製品は、NVIDIAの新世代アーキテクチャ「Turing」を採用した「GeForce RTX 2070」を搭載し、CPUに第8世代の「インテル Core i9-8950HKプロセッサー」を備えたゲーミングノートPC≪ZNシリーズ≫である。

メモリやSSD容量の異なる3機種を用意した。

どのモデルもOS、メモリ、ストレージなどのカスタマイズが可能である。

G-SYNCに対応した液晶や高速無線LANなどの快適装備の最上位ゲーミングノートPCで、今までにない最高のゲームプレイを体感したい。

この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年4月19日(金)より販売を開始している。

▼GeForce RTX 2070搭載ゲーミングノートPC≪ZNシリーズ≫はこちら
https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1904190201

製品の特長

NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ グラフィックスチップ搭載

ノートPC向けGeForce RTX 20シリーズは、デスクトップ用のグラフィックスカードへ迫るスペックを発揮する。

GDDR6に対応した大容量のビデオメモリを搭載し、重量級の3Dゲームや映像の描画など高度なグラフィックパフォーマンスが必要となる場面で最大限のパワーを発揮する。

リアルタイムレイトレーシングに対応することで、金属面や窓ガラス、水たまりなどの映り込みなどが自然に表現され、よりリアルな表現が可能となっている。

また、マルチメディア用途での高い処理能力を持ち、情報量の多い高解像度の動画や画像の加工・編集などのクリエイティブな用途でも快適に利用できる。

第8世代 インテル プロセッサー搭載

第8世代 インテル プロセッサー(開発コード Coffee Lake)である「インテル Core i9-8950HKプロセッサー」を採用した。

ベース動作周波数は2.90GHzだがインテル ターボ・ブースト・テクノロジーにより最大周波数は4.80GHzまで上昇するため、シングルコアで威力を発揮するゲームのパフォーマンスがアップする。

また、6コア/12スレッドのコア数を持ちデスクトップPCに引けを取らない高いマルチタスク能力を誇り、パフォーマンスが大きく向上することでゲームをしながらの動画配信やコミュニケーションアプリをストレスなく使用できるなど幅広いニーズに対応できる性能を実現している。

G-SYNC対応の1920×1080 フルHD液晶採用

G-SYNC対応のフルHD(1920×1080)液晶パネルを搭載している。

動きが激しいゲーム画面のチラツキを抑え、コンマ数秒の反応の差で勝敗に影響が出るゲームにおいて、優位にプレイが可能である。

ノングレア(非光沢)パネルで照明や外光の映りこみを抑制し、屋外の使用でも視認しやすくなっている。

さらに狭額縁デザインにより、従来機と同じ15.6型の液晶のまま幅を約2cm縮小することができた。

臨場感ある音質を楽しめる「Sound Blaster X Pro Gaming 360°」に対応

「ゲーム」や「シネマ」などのプリセットを使って簡単に音の自然な深みと広がりを向上させて、より臨場感のある音質を実現させた。

4K/60Hzで出力可能な外部ディスプレイ出力端子

背面に3840×2160の4K出力対応のHDMI2.0a x1、mini Display Port1.3 x1、USB Type-Cポート x1を利用して外部ディスプレイに接続することで、ゲームを迫力の大画面でプレイすることが可能である。

本体の液晶と合わせて最大4画面同時出力が可能で、ゲーム画面の外部ディスプレイに出力しつつ、コミュニケーションアプリや動画の配信状況などを内蔵ディスプレイに表示させるといった使い方が可能になり、PCゲームを今までより快適なプレイ環境で楽しむことができる。

1600万色表示可能。鮮やかに点灯するイルミネーションキーボード

色鮮やかに輝くイルミネーションキーボードを用意した。

ユーティリティソフトを使って1つ1つのキーの配色の変更が簡単にできる。

また、ウェーブ、スキャン、スネークなどの用意されたプリセットによって点滅パターンの変更が可能。

無線LANはゲーマー向けのQualcomm Atheros Killer

“IEEE802.11ac”に対応し最高速1.73Gbpsを実現した「Qualcomm Atheros Killer Dual Band Wireless-AC 1550i」を搭載。

低遅延や安定性が不可欠なオンラインゲームやFPSがストレスなくプレイ出来る。

また、 Bluetooth 5にも対応していますので、マウスやヘッドセットなどもワイヤレスで利用できる。

【FRONTIER】インテル Core i9-8950HKプロセッサー×NVIDIA GeForce RTX 2070搭載ハイエンドゲーミングノートPC新発売

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません