パシフィックリーグマーケティングが「スポーツ キャリアフォーラム」を開催

0 601

プロ野球パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社は、2019年6月14日(金)に「スポーツ キャリアフォーラム」を開催する。

当イベントは、パ・リーグ6球団をはじめとするスポーツ関連企業が一堂に会し、転職を考えるビジネスパーソンの方々に、ビジネスとしてのスポーツをより知ってもらうための中途採用イベントである。

また2019年度パシフィック・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービスのパーソルグループから、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」の協力のもとイベントを開催する。

開催の背景〜昨年のイベントでは10件の内定実績も

東京オリンピック・パラリンピックを2年後に控え、またスポーツ庁もスポーツ市場の拡大のため、市場規模を2015年の5.5兆円から2025年に15兆円にすることを目指している。

スポーツの成長産業化は国家プロジェクトの一つでもあり、スポーツ経営人材の育成は、未来投資戦略2017の「産業競争力強化に関する実行計画」のひとつとしても掲げられている。

このようなスポーツ業界の発展、またスポーツ業界が社会に対する提供価値をあげるために、選手だけでなくビジネスサイドの人材の底上げも欠かせない。

スポーツ大国・アメリカでは、スポーツに関する仕事はDream job(ドリームジョブ)と呼ばれ、絶大な人気を誇っている。

日本で働くビジネスパーソンの方々にも、そんなスポーツビジネスの魅力や可能性を知ってもらいたいとの想いで昨年5月に開催した「パ・リーグ キャリアフォーラム 」では、イベントをきっかけに10件の内定実績が出ており、実際にスポーツ業界に転職いただく入り口のイベントとなった。

今年は出展社数も増加し、さらにパワーアップしたスポーツ業界の中途採用イベントとして開催する。

なぜパ・リーグが競技の枠を超えたイベントを開催?

パシフィックリーグマーケティング株式会社は「プロ野球の新しいファンを増やすこと」というミッションとともに、「プロ野球、スポーツ界を通して、日本の社会を明るく元気にしていくこと」というビジョンを掲げている。

プロ野球界だけでなく、日本のスポーツ業界全体が更なる発展を遂げるために優秀な人材を獲得すべく、一致団結していきたいと考えている。

なお当日は出展企業の各ブースのほか、スポーツ業界に転職した職員の生の声を配信するステージコンテンツなども実施する予定。

ステージコンテンツの詳細、また追加出展企業などについては、5月中旬に発表する。

スポーツビジネスをより多くの方に知っていただき、転職を考える際にスポーツビジネスが選択肢になるべく、現場の裏側やスポーツ業界で働くことの魅力、スポーツビジネスの可能性などを余すところなく伝える。

イベント概要

【日時】
2019年6月14日(金)14:00〜20:30 開場13:30〜、最終受付20:00
【場所】
ベルサール飯田橋ファースト
(東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1)
【対象】
社会人経験のある方
※特に以下のような方にはおすすめ。
スポーツ業界で働くことに興味・関心のある方、スポーツ業界への転職を検討されている方
【応募方法】
特設ページ< https://doda.jp/sportlight/event/sportscareerforum/ >から応募
※応募多数の場合には抽選となる可能性がある。

出展企業(順不同)

・株式会社北海道日本ハムファイターズ
・株式会社楽天野球団
・株式会社西武ライオンズ
・株式会社千葉ロッテマリーンズ
・オリックス野球クラブ株式会社
・福岡ソフトバンクホークス株式会社
・パシフィックリーグマーケティング株式会社
・楽天ヴィッセル神戸株式会社
・シーホース三河株式会社
・ワイズ・スポーツ株式会社
・ファナティクス・ジャパン合同会社
・株式会社meleap
・株式会社大学スポーツチャンネル
※5月中旬頃、第二弾の出展企業を発表予定。

【主催】
パシフィックリーグマーケティング株式会社
【協力】
パーソルホールディングス株式会社
パーソルキャリア株式会社

スポーツ キャリアフォーラム 開催のご案

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません