ASUS JAPANがATXサイズのゲーミングマザーボード「TUF B450-PRO GAMING」を発表

0 216

ASUS JAPANは、Ryzen対応で耐久性に優れたATXサイズのゲーミングマザーボード「TUF B450-PRO GAMING」を発表した。5月10日から販売を開始する予定である。

TUF B450-PRO GAMING

———————————————-
製品名:TUF B450-PRO GAMING
対応CPU:AMD Ryzen シリーズ
対応ソケット:Socket AM4
チップセット:AMD B450チップセット
対応メモリ:DDR4-3533×4 (最大64GB)
​画面出力端子 : HDMI 2.0×1、DVI-D×1
拡張スロット:PCIe 3.0 x16×1、PCIe 2.0 x16×1、PCIe 2.0 x1×3
ストレージ機能:M.2×2、SATA 6Gb/s×6
USB機能:USB 3.1 Gen2×2、USB 3.1 Gen1×5、USB 2.0×6
ネットワーク機能:1000BASE-T×1
フォームファクター:ATX(305mm×244mm)
価格:オープン価格
発売予定日 : 2019年5月10日
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-B450-PRO-GAMING/
———————————————-

発表製品の主な特長

ミリタリーグレードのコンポーネント

ミリタリーグレードのチョークコイルである「TUFチョークコイル」に、ミリタリーグレードかつ発熱量が少ない「TUF MOSFET」や、通常のコンデンサよりも+20%の温度耐性と5倍の長寿命を実現した「TUFコンデンサ」を搭載し、高負荷状態で連続稼働をさせたいようなゲーミングPCに最適なマザーボードとなっている。

高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot」

従来のPCI Express x16スロットよりも、カードを引き抜く方向に1.6倍、カードの荷重がかかる方向に1.8倍の強度を持たせた、強化タイプのPCI Express x16スロットを搭載している。大きなクーラーを搭載した重いビデオカードを使用した場合でも安心して使用できる。

ESD保護機能搭載

静電気放電からコンピューターを守る。ESD(Electrostatic discharge:静電気放電)は基板上のチップを静電気から守る静電気保護回路である。本製品では、USBポートやLANポートなど各種インターフェースポートに静電気が流れても、静電気保護回路が各コントローラーチップを保護する。

高性能LANポートの「LANGuard」

内部に使用しているコイルなどの部品に低ESRの高性能なものを使用しており、通信時の優れた信号特性を実現している。また、一般的なLANポートと比較して2.5倍の過電圧に耐えることが可能である。

PCの静音化を簡単に実現するファンコントロール機能

Fan Xpert 4 Coreは、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能でPC環境に合わせた制御が可能となっている。

LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能を搭載

ASUS Aura Sync RGBイルミネーションは、Auraに対応したすべての製品のLEDを1つのアプリケーションからまとめてコントロールし、シンクロした自分好みの光り方にすることができる。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができる。

Ryzen対応で耐久性に優れたATXサイズのゲーミングマザーボード「TUF B450-PRO GAMING」を発表

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません