「FINEPLAY」が 渋谷リバーストリートで「ストリートに強い写真展」を共催

0 68

ZETAが運営している、ストリート・アクションスポーツに関する幅広い情報を配信するインターネットメディア「FINEPLAY」ブラウザ(PC/スマートフォン ※URL:https://fineplay.me/) は、一般社団法人渋谷未来デザインと渋谷川沿い水辺空間「渋谷リバーストリート」にて「ストリートに強い写真展」を2019年5月13日(月)から5月26日(日)まで共催する。

「ストリートに強い写真展」は渋谷未来デザインが公共空間の再構築を目指す取り組みとして、渋谷川沿い水辺空間「渋谷リバーストリート」活用の社会実験プロジェクト「WORK PARK PACK(ワークパークパック)」 の一環として雨や風にも強い素材を活用し、様々なストリートスポーツを中心とした写真を展示・販売する。

また期間中にアクションスポーツフォトグラファーによるワークショップも予定している。

ストリートに強い写真展 概要

開催日程:
2019年5月13日(月)〜5月26日(日)11:00-18:00
会場:
渋谷リバーストリート東京都渋谷区渋谷三丁目23番(渋谷川2-1区間)
観覧:
無料 (作品の一部は販売する)
写真提供:
Naoki Gaman, Jason Halayko, Suguru Saito, Tabasa (アルファベット順)
主催:
一般社団法人渋谷未来デザイン
共催:
ZETA
協力:
HappyPrinters原宿
お問い合わせ:
info@fds.or.jp

WORK PARK PACK(ワークパークパック)とは

「WORK(ワーク)」の意味を広義にとらえ、ビジネスパーソンだけではなく、ここ渋谷で生活、活動するすべての人とオープンにWORKの可能性を創造し議論するプロジェクトである。

「パブリックスペース×WORK」を実際の公共空間にて、公共空間の可能性を引き出す道具であるPARK PACKを活用し、渋谷川沿いならでは利活用のアイデアを検証する社会実験である。

PARK PACKとは

移動式の公園「PARK PACK」は、デザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」(2018年10月19日~11月4日)を 主催する東京ミッドタウンより、「みらいの公園」を作ってほしいとのオファーを受け、イベントのコンテンツとして発案したものである。

「PARK PACK」の中に備わったさまざまなツールによって、公園が、あたらしい未来の遊び場になったり、ライブステージに変わったり、ミュージアムになったりと、多様なアクティビティやプログラムに変わる。

■「FINEPLAY」について

「FINEPLAY」は、世界中のサーフィン、ダンス、スケートボード、スノーボード、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心とした幅広い情報・コンテンツを提供するインターネットメディアである。

現在、ニュース・映像コンテンツを運動通信社が運営する「SPORTS BULL(スポーツブル)」、ヤフーが運営する「Yahoo!ニュース」など12のサービスへ配信している。番組制作協力、キャスティング、イベント企画なども積極的に行っている。

ストリート・アクションスポーツメディア【FINEPLAY】 渋谷リバーストリートで「ストリートに強い写真展」を共催

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません