琉球アスティーダが「VitaNote」による選手の栄養管理を実践

0 152

琉球アスティーダは、2019-20シーズンのチームスポンサー契約をユカシカドと締結し、尿検査キット「VitaNote」による選手の栄養管理を実践し、パフォーマンス向上を実現する。

今回、琉球アスティーダがスポンサーシップを締結したユカシカドは、ファストトラックイニシアティブ、農林漁業成長産業化支援機構、SMBCベンチャーキャピタルの3社からの第三者割当増資で約2億円を調達し、また社会的課題の解決に挑戦する優れた団体・企業等を表彰する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2018」にて優秀賞を獲得し、世界で初めて、尿検査で栄養摂取の状態を把握できる「VitaNote」(ビタノート)を販売している、ヘルスケア界で今急速に事業を拡大中の企業である。

このスポンサー契約では、琉球アスティーダ選手の試合でのパフォーマンス向上を目的に、検査キット「VitaNote」を使用した尿検査を行う。

その検査によって、不足している栄養素とその摂取目標量が示され、各選手が適切な栄養状況に導かれ、結果としてベストパフォーマンスが発揮されることとなる。

また、琉球アスティーダ選手のパフォーマンスがアップしたことを沖縄県民に見ていただくことで、「VitaNote」の普及が進み、沖縄県民のみなさまの健康寿命アップにも貢献したいと考えている。

琉球アスティーダは、今後も最先端のテクノロジーをもつ企業とのスポンサーシップを通じて、新しい卓球のイメージを作っていく。

「VitaNote」

世界初、尿で栄養の過不足を評価する検査キット。

ビタミン・ミネラル・たんぱく質等15項目について過不足を測定することが可能である。

検査結果はPC・スマホ・タブレット等からマイページで認することができ、ユーザーごとに栄養改善の履歴・推移データをためることができる。

≪詳細、申込先リンク≫ http://bit.ly/2JMdZrA
関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません