NEXERがTAMと共同で「eスポーツに関するアンケート」を実施

0 173

「eスポーツ」に関するアンケート結果を公開

インターネットリサーチを手掛けるNEXERは、インターネットサービス事業、音響機器事業を展開するTAMと共同で「eスポーツに関するアンケート」を下記の通り実施した。

実施概要

実施期間:2019/4/17~2019/4/18
実施対象:ボイスノート会員
集計対象:801人

アンケート結果

・eスポーツがどんなものか把握している人は約6割
・eスポーツに興味がある人の約8割は実際にやってみたいと思っている

eスポーツに興味がある人の中で、約8割は実際にやってみたいと思っている

日本でも関連するニュースを目にする機会が増えてきた「eスポーツ」。

昨年は流行語大賞にノミネートされ、年末から今年にかけて、高校生の全国大会も開かれた。

今回はeスポーツに関する認知度などについて、アンケートを実施した。

まずeスポーツがどんなものか知っているかを聞いてみた。

「知っている」という人は61.2%、「知らない」という人は38.8%だった。

続いて、知っていると回答した490人に、eスポーツに興味があるか聞いてみた。

「興味がある」という人は27.6%、「興味はない」という人は72.4%だった。

興味があると回答した135人に、実際にeスポーツをやってみたいか聞いてみた。

「思う」という人が77.8%、「思わない」という人が22.2%だった。

インターネット接続サービス「v6プラス」でeスポーツも快適に

今回共同で調査を行ったTAMは快適にインターネットが利用できるようになる接続サービス「v6プラス」を提供している。

サービスは全国が対象で、回線工事は不要。利用開始のための接続ID・パスワードもいらない。

アクセスが集中し混雑しやすいポイントを通過せずにインターネットへつなげるため、夜間や休日でもストレスなくインターネットを楽しめる。

eスポーツをプレイしたり、観戦したりするのに、快適なインターネット環境は必須である。

eスポーツに興味が湧いたら、まずはインターネット環境を見直しておきたい。

【eスポーツに興味がある人のうち、実際にやってみたい人は約8割】eスポーツに関するアンケート

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません