世界各国の協会と連携し国内esports市場を国際化する『一般財団法人日本esports促進協会』が設立

0 157

一般財団法人日本esports促進協会(JEF)は、国内におけるesportsの普及・促進および選手や指導者、審判など世界で活躍する人材の輩出を目指し、2019年4月に一般財団法人として設立した。

また、さらなる市場発展を推進するため、台湾国際esports協会や澳門(マカオ)esports産業協会、上海esports協会、紹興esports協会、西安esports協会など世界各国のe-sports協会と連携協定を締結した。


写真上:調印式の様子、写真下:協賛企業

近年、esportsは、アジアの国際的なスポーツ大会で正式種目となり、さらにスポーツの世界大会では正式種目が期待されている。

また、2022年には29億600万ドルまで市場規模が拡大されるという予測も出ており、世界的にめまぐるしい発展を遂げている。

一方、国内では、ゲーム機を使用するプレイゲームが主流のため、日本独自の文化が根強く残っており、PCゲームを中心に盛り上がりをみせている世界市場と比較すると、認知や市場規模など遅れをとっていると言われている。

このような背景から一般財団法人日本esports促進協会(JEF)は、国内のesportsを普及・促進および選手や指導者、審判など世界で活躍する人材の輩出を目指し、設立された。

また、台湾国際esports協会や澳門(マカオ)esports産業協会、上海esports協会、紹興esports協会、西安esports協会など世界各国のe-sports協会と連携協定を締結した。

各国協会との連携により、各々が長年培ってきたe-sportsの大会主催および、リーグ・プロクラブチーム、人材育成の教育ノウハウやネットワークの活用が可能となる。

さらに、世界大会への日本選手の大会出場推薦や、国際大会の誘致、国内における海外選手のマネージメントなど本協会が日本の窓口となり、海外相互間のルート拡充に貢献する。

また、各国協会のみではなく、1more ゲーミングヘッドフォンおよびAuto Fullゲーミングチェアなどesports市場で活躍する海外の関連企業による協賛で、国内選手に対する手厚いサポートを重点的に行なってまいります。

国内大会の開催も順次予定しており、国内のesports選手が活躍する場や一般の方がesportsに触れられる機会を増やし、認知拡大を目指す。

そして、日本で活動されているesports各団体様や本協会会員様とも共に連携しながら世界中のesportsに携わる公益性の高い事業を展開していく。

今後の取り組み

クラブチームの育成・活動

地方協会やLPLの立ち上げなど、アジア各地のesports機構が有している様々なノウハウを生かし、国際的なプロクラブチームの活動を促進してまいります。協会認定の教材を使用して、日々、世界各国のクラブチーム間の連携・教育・活動・支援を行う。

会員限定施設「esports Center」の提供

世界各国のe-sports協会と提携することで、esportsの聖地である上海にて会員様限定の施設「esports Center」の提供を行っていく。施設内では、イベントや大会のライブ配信を行えるなど、選手が集中して日々の訓練を行え、プロチームの育成だけでなく、照明や解説者などの人材の教育とアウトプットが可能となる。

国際カンファレンスの実施

定期的に国際esportsカンファレンスを開催し、会員様へ日々世界における最新情報を配信すると同時に、様々な問題提示を各国の関係者と共に議論していく。

アジア最大規模「CHINA JOY CUP」日本公式窓口

今やアジア最大規模のオフラインイベントであるChina Joyにて開催される、esports大会の日本公式窓口となり、日本の会員様に対する海外への直接的ルートを提供する。

主な活動内容

世界各国の協会と連携し、国内esports市場を国際化へ『一般財団法人日本esports促進協会』設立〜人材育成や国内大会の開催、海外進出へのサポートなど市場発展を促進〜

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません