日本初!急成長のeSports市場で産学連携プロジェクトが始動大阪芸術大学×カプコン 「カプ芸杯 令和バトル1」イベントレポート

0 140

大阪芸術大学は、ゲームというエンターテインメントを通じて「遊文化」をクリエイトするカプコンと共同で、5月26日(日)に行われた「オープンキャンパス」内にて対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」を競技タイトルとしたeSports大会「カプ芸杯 令和バトル1」を開催した。

カプコンと本学とのコラボ開催は、2019年2月に日本初として実施され、この度2回目の開催となる。前回と同様、大阪芸術大学芸術計画学科の学生が、eスポーツコネクトの協力のもと大会を運営した。

本ビジュアル

本学卒業生で、現在デザイン学科客員教授の茂本ヒデキチ氏に、本大会開催においてeSportsを題材とした墨絵を制作してもらった。

茂本ヒデキチ氏は、日本の画材『墨』によるドローイングを得意とし、そのスピード感あるタッチで、既存の墨絵では描かれなかったモチーフを取り入れている。

その独特な作品は、日本国内はもとより海外からのオファーも多く、現在は、2020年世界大会に向けたアスリート墨絵看板が羽田空港全域で掲げられている。

実施概要

【日時】
5月26日(日)11:00~16:00
【場所】
大阪芸術大学 総合体育館3階第2アリーナ前(大阪府南河内郡河南町東山469)
【出演者】
司会:綾野智章氏
解説:キヨマツ氏
実況:大和氏

試合の模様はhttps://www.twitch.tv/capcomfighters_jpから観る事ができる。
試合結果トーナメント表はこちらへ。https://challonge.com/ja/ReiwaBattle1

日本初!急成長のeSports市場で産学連携プロジェクトが始動大阪芸術大学×カプコン 「カプ芸杯 令和バトル1」イベントレポート

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません