サイクルコンピュータ「Polar M460」に腕心拍センサー「Polar OH1」をセットにしたモデルが登場

0 829

心拍トレーニング製品のリーディングカンパニーであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社は、GPSサイクルコンピュータ「Polar M460」に腕心拍センサー「Polar OH1」をセットにしたモデルを発表した。

4月26日(木)から、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店にて販売開始となる。

M460は、軽量コンパクト(50g)で空気力学的に優れた形状で、手袋をしていても操作がしやすいように、ボタンに凹凸をつけている。

最新のGPS機能(UBX-G7020-CT/みちびき(QZSSおよびGLONASS対応))を搭載しており、高精度でありながら消費電力を低く抑えているため、最長16時間の連続使用が可能だ。

また、Back to Start(スタート地点に戻る)機能で、スタート地点の方角や距離をガイドしてくれるし、ライド終了後には、Polar Flowアプリにデータを同期して、ルート管理や走行データの管理をすることができる。

GPS内蔵のサイクルコンピュータとして、スピード、距離、気圧、高度など、サイクリストに必要な基本的データを表示でき、IPX7の防水機能も有する。

気圧計によって正確な高度を表示するとともに、傾斜度(GPS併用)・獲得標高・累積下降、リアルタイムVAM(平均上昇速度)なども表示する。

サイクルコンピュータ「Polar M460」に腕心拍センサー「Polar OH1」セットモデルが登場 | Polar Japan

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません