プロ野球速報のPV数から見る注目球団ランキングを発表

0 603

NTTレゾナント株式会社(以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味関心を分析している。

今回は「gooニュース」で提供しているプロ野球速報の各試合のページビュー数(以下、PV)を比較し、6月4日(火)より開催される「日本生命セ・パ交流戦 2019」にあわせて、シーズン開始から交流戦までの間に注目された球団をランキング形式で発表する。

また、その傾向から、セ・パ交流戦の最注目カードを予想した。

球団別PVランキングについて(調査期間:2019年3月29日~5月19日)

セ・リーグ

セ・リーグの球団別PVランキングの首位は広島東洋カープとなった。

現在リーグ3連覇中、今や人気と強さを兼ね備えたチームとなっている。

シーズン開幕直後の4月は球団史上初の5カード連続負け越しなど苦戦を強いられていたが、5月に入ってから巻き返しており、5月31日現在は首位に立っている。

「gooニュース」でも5月に入ってからPVを大きく伸ばし、昨年に引き続きセ・リーグで最も注目された球団となった。

前年からの伸び率は、読売ジャイアンツが1.9%で最も大きくなっており、球団別PV割合は、広島東洋カープと0.2%差にまで迫っている。

パ・リーグ

パ・リーグの球団別PVランキングの首位は、東北楽天ゴールデンイーグルスとなった。

昨年のリーグ順位は最下位に終わったが、今季は好調なスタートを切り、一時単独首位となった。

チームの勢いそのままに、「gooニュース」でもPVが伸びた。

前年からの伸び率は、福岡ソフトバンクホークスとオリックス・バファローズが0.9%で最も大きくなっている。

両球団の5月31日現在でのリーグ順位は、福岡ソフトバンクホークスは首位、オリックス・バファローズは最下位と対照的だが、両球団ともにPVを伸ばしている。

セ・パ交流戦の注目カード予想

昨年の交流戦では、昨年度のセ・パ両リーグそれぞれのPVランキング1位、広島東洋カープ対埼玉西武ライオンズの5月30日に行われた試合が、「gooニュース」で最も注目された。

このことから、goo+dランキング編集部は、プロ野球交流戦では、セ・リーグPVランキング1位の広島東洋カープと、パ・リーグPVランキング1位の東北楽天ゴールデンイーグルスが対戦する6月14日(金)~6月16日(日)の試合が、今年の交流戦で最も注目されると予想している。

また、試合がシーソーゲームの場合はPVが大きく伸びる傾向があるので、接戦の試合になるとより注目度が増すと考えている。

プロ野球速報のPV数から見る注目球団ランキングを発表 | NTTレゾナントのプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません