日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」発足

0 748

DRONE SPORTS株式会社は、日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」を発足。

RAIDENは、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions League」(以下DCL)へ参戦する予定だ。

DCLは2016年オーストリアで行われた大会を皮切りに、2017年から世界転戦リーグを始動し、世界5カ国で開催された。

大会の様子は、27局のTVパートナーから世界76カ国で放送され、累計視聴者は1.1億人にものぼるという。

日本では2017年よりスポーツテレビ局のJ SPORTSが放送を開始。今年も全戦を放送することが決定している。

今シーズンは、6カ国、全12戦の開催が予定されており、アジア圏初開催(中国:万里の長城)も含まれている。

日本初のプロフェッショナルドローンレースチームとして発足したRAIDENは、新しい”モータースポーツ”としての、リアルドローンレースの認知向上に貢献するとともに、ドローンレースEスポーツチームとしても活動していくという。

ドローンレース
パイロットはHMDを装着。ドローンから送られてくるFPV(ファーストパーソンビュー)をみて操作する

また、RAIDENの発足、DCL2018年シリーズ参戦発表の記者会見が、2018年4月25日(水)14:00から株式会社ジェイ・スポーツで行われる予定だ。

会見には、実業家の堀江貴文氏、DCL映像総監督Anton Nelson氏らが登壇する。

DRONE RACING TEAM RAIDEN

実業家 堀江貴文氏もCo-Founderとして参画!日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』発足記者会見のご案内

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません