スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech™」(アスリーテック)の提供開始

0 278

株式会社アクロディア(以下 アクロディア)とKDDI株式会社(以下 KDDI)は、2019年7月9日より、センサー内蔵型ボールなどのIoTデバイスから取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てることができる、スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech(アスリーテック)™」(以下 「アスリーテック」)の提供および「アスリーテック」上に蓄積されるデータを活用したスポーツテックサービスを開始する。

「アスリーテック」は、アクロディアが持つ、センサー内蔵型ボールを使い、競技者が普段通りの投球や競技を行うだけでそのデータが蓄積され、そのデータをスマートフォンやパソコンなどで閲覧しながらオンラインコーチングやコンディション管理などに活用できるIoTデバイス技術と、KDDIがこれまでに「auスマートパス」などで培ってきたコンシューマ向けサービスプラットフォームにおけるマーケティングや運営ノウハウと、KDDIの通信ネットワークを融合し、スポーツの分野を問わず、競技データを蓄積し、技術向上に貢献するプラットフォーム。

「アスリーテック」によって、これまで精神論、経験論が主要な判断軸であったスポーツ選手育成において、特別な設備やトレーナーがない環境でも、データを軸にした練習、育成を行うことが期待でき、また日々蓄積される投球データから、選手ごとのケガ検知・予防にも活用できると考えている。

「アスリーテック」対応デバイス第一弾として、アクロディアが2017年から野球競技の選手やチームに向けて販売している「TECHNICAL PITCH」ユーザーを対象に、「アスリーテック」を通じて、全ユーザーを対象とする「ランキング機能」を提供している。

本機能により、野球競技人口における現在の自分の技術の立ち位置や投球技術上位者のランキングデータと比較する事により、今後の自分の目指す位置が可視化される。

また日々のランキングを振り返る事で自身やチームの成長の軌跡が確認できる。

今後は、来る5G通信ネットワークの活用も視野に、より容量の大きい動画コンテンツの活用や、蓄積されたデータを利用したオンラインコーチング、練習メニューのノウハウ共有などアスリートの技術向上に役立つ情報や、AIによる健康管理、ケガの予兆の検知などアスリートを全般的にサポートする情報の提供を行っていく。

また野球以外にもゴルフ、クリケット、サッカー、バレーボールなどさまざまなジャンルのIoTデバイスの市場投入による対応スポーツの拡充を予定しているほか、スマートウォッチなどとのデバイス連携によるバイタルデータ管理を実装し、アスリーテックを通じたサービス拡充を行うことで、スポーツ全体の発展・向上を目指す。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、5G/IoTをはじめとする最先端のテクノロジーを活用し、パートナー企業とともに、5G/IoT時代の新しい体験価値を創造していく。

スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech™」(アスリーテック)の提供開始~9軸センサー内蔵型ボールと蓄積したデータ活用で、誰でも、どこでもIDスポーツを実現~

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません