動画配信サービス「ドラゴンゲート・ネットワーク」、7.21神戸ワールド記念ホール大会において英語コメンタリーによる全世界配信を実施

0 187

人気プロレス団体・ドラゴンゲートの動画配信サービス「ドラゴンゲート・ネットワーク」は、7月21日に神戸ワールド記念ホールで開催される年に一度のビッグマッチ“KOBE プロレスフェスティバル 2019”において、日本語による実況・解説に加え全試合英語コメンタリーによる配信を行う。

「ドラゴンゲート・ネットワーク」は、(株) ドラゴンゲートエンターテイメント、(株)グローバー、(株)GAORAの三社が共同で運営する動画配信サービスで、ビッグマッチはもちろんのこと後楽園ホールや神戸サンボーホールなど年間主要50大会以上の生中継とその見逃し配信のほか、過去の大会・試合、さらに選手本人が自らの必殺技を解説するオリジナル動画など、ドラゴンゲートの様々なコンテンツをスマホ・PC・タブレットから楽しめるサービス。

団体設立20周年の節目を迎えた2019年、年間最大のビッグマッチとなる神戸ワールド記念ホール大会では、かつて米プロレス団体・WWEでトップレスラーとして活躍していたPAC選手が持つ団体最高峰のベルト「オープン・ザ・ドリームゲート」にBen-K選手が挑むタイトルマッチが行われるなど、注目カード満載で行われる。

ドラゴンゲートの現在、過去、そして未来を網羅する「ドラゴンゲート・ネットワーク」では、この大会の模様を英語による実況・解説を付けて配信、全世界のプロレスファンにお届けする。

英語コメンタリーでは対戦に至るまでの背景やストーリーなども紹介するなど、初めてドラゴンゲートを観る海外のプロレスファンもその魅力に圧倒されること間違いなし。

DRAGON GATE NETWORK [ドラゴンゲート・ネットワーク]

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません