eスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に、福岡ソフトバンクホークスが参戦

0 216

株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社Cygamesが、共催する「RAGE」初となるプロリーグとして始動した、本格スマホeスポーツ「Shadowverse(シャドウバース)」の国内プロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に、福岡ソフトバンクホークス株式会社が参入することが決定した。

「RAGE Shadowverse Pro League」では、企業がスポンサー・運営(※)するeスポーツチームに所属する3人1組のチームでチーム戦を実施する。

選手の一般公募の実施やリーグに参戦する選手には、最低収入(給与)保障をおこなうといった、これまでにない新しいe スポーツプロリーグとして 2018年5月より開幕しており、各試合の模様は、国内最大級のeスポーツスタジオ「OPENREC STUDIO」で実施し、「OPENREC.tv」ならびに「AbemaTV」で全節完全生放送、どなたでも観戦することができる。

この度、「RAGE Shadowverse Pro League」の7つのeスポーツチーム「AXIZ」、「au デトネーション」、「G×G」、「名古屋 OJA ベビースター」、「横浜 F・マリノス」、「よしもと Libalent」、「レバンガ☆SAPPORO」に加えて、福岡ソフトバンクホークス株式会社が新しいe スポーツチームを立ち上げ、所属することになる。

福岡ソフトバンクホークス株式会社は、eスポーツチームを立ち上げ、2019年10月から開幕する「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 セカンドシーズン」に初参戦する。

「RAGE Shadowverse Pro League」はプロ選手として活躍したいという夢を全力で支援し、リーグ戦を通してスター選手の発掘にこれまで以上に注力し、日本の e スポーツシーンを更に盛り上げていく。

eスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に、福岡ソフトバンクホークスが参戦!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません