5Gを活用してバスケットボール国際試合の8K映像をマルチアングルでライブ伝送

0 216

シャープは、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)と協力し、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催されたバスケットボールの国際試合(ドイツ対チュニジア戦)の8K高精細映像を、第5世代移動体通信方式(以下、5G)を活用して、ソフトバンク5G×IoT Studioのお台場ラボ(東京都江東区)までマルチアングルでライブ伝送する実験に成功した。

本実験では、さいたまスーパーアリーナのコートサイドにおいて2台の当社製8Kカムコーダーで撮影したマルチアングル映像と、同時に収録した7.1chの音声を、ソフトバンク5G×IoT Studioのお台場ラボまで伝送し、8Kモニターを接続したパソコンで同期して再生するとともに、22.2ch対応立体音場再生スピーカー(開発品)により、臨場感あふれる音響を再現することに成功した。

また、本実験では、配信方式に国際電気通信連合ITUが推奨する「MPEG-DASH」を採用した。

これにより、マルチアングルのライブ伝送で必須となるストリーミングデータ(動画・音声)の同期性を確保するとともに、映像再生に必要な専用機器を介さず、汎用ブラウザを搭載したパソコンで容易に視聴できることから、より安価な8K伝送ソリューションをユーザーに提供できる。

本ソリューションにより5Gを介して8Kライブ伝送を実現したのは世界で初めてで、この実験の成功により、8Kライブ伝送の普及・拡大が期待できる。
同社はこれまで、様々な配信方式を採用した8Kライブ伝送の実証実験を行ってきた。

本実験の成功により、さらに多様なニーズに合わせた8Kライブ伝送ソリューションの提案が可能となった。

5Gを活用してバスケットボール国際試合の8K映像を
マルチアングルでライブ伝送

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません