「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」とTikTokの連動企画がスタート

0 322

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、「ストリートファイターV アーケードエディション」のトップレベルプロプレイヤーで構成された全6チームによる3on3のリーグ戦「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」との連動企画をスタートさせる。

10月からスタートしている各試合の放送に合わせ、TikTokクリエイター6名が、それぞれ6チームの応援サポーターとして参加。応援サポーターたちの観戦の様子をTikTok上で見ることができる連動企画となっている。

また、12月1日(日)に都内で行われる日本でのリーグ戦最終決戦「Grand Finals」の開催会場で応援予定。

ここで勝ち残った優勝、準優勝の2チームとそれぞれの応援サポーターとなるクリエイターが、12月にアメリカはロサンゼルスにて行われる「ストリートファイターリーグ ワールドチャンピオンシップ」へ同行、チームを応援。

現地での応援シーンやプレイヤーたちとサポーターたちとのオフショット、など、他では見られない動画を投稿する予定である。

ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」は、「ストリートファイターV アーケードエディション」におけるトップレベルのプロプレイヤー(⽇本eスポーツ連合(JeSU)から発⾏される「ストリートファイターV」ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを保有するプレイヤー)で構成された全6チームによる3on3のリーグ戦。

2019年1⽉から3⽉に開催され、好評を博した「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」のセカンドシーズンとなる今回は、最強の⼀⾓を担うトッププレイヤーをリーダーとして、このリーグに参加するために数々の試練を乗り越えた猛者たちが3⼈⼀組のチームを組み、名誉や賞⾦をかけて争う⽇本最⾼峰のプロリーグ戦。

尚、リーグ戦の結果、優勝、準優勝となったチームは、北⽶で開催中の「ストリートファイターリーグ : Pro-US」の優勝、準優勝チームと2019年12⽉にアメリカ ロサンゼルスにて「ストリートファイターリーグ ワールドチャンピオンシップ」をおこなう。

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」とTikTokの連動企画がスタート!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません