爪に特化した新しい総合情報メディア「アスリートサロン」をリリース

0 93

株式会社チア・アトリエは、アスリートが持つパフォーマンスを最大限発揮し、トレーニングを効率的に行うために爪の機能に特化した質の高い総合情報メディア「Athlete salon(アスリートサロン)」を、2019年10月31日にリリースした。

世界記録が更新され続ける現在、アスリートはミリ単位で記録に凌ぎを削っている。

僅かな体の違和感が記録を左右する昨今、野球、サッカー、バスケットボール、ランニングをはじめとしたトップアスリート界で、爪のコンディショニングが注目されている。

同社はこのニーズに対応するため、「掴む」「走る」「踏ん張る」など人間本来が持つ「爪の機能」に特化した、爪のコンディショニング専門メディアをリリースした。

爪のコンディショニングの重要性と必要性を広く普及し、トレーニングに役立つ情報を提供することで、スポーツを通してアスリートの爪の支援と、日本のスポーツ文化を豊かにする新しい仕組みをつくる。

身体の不調は末端から起きるが、最末端の爪には神経が通っていない。

つまり、爪の違和感は見過ごされやすくある。

しかし、爪の違和感を放置すると、肘・膝など関節を中心としたより大きなトラブルに発展する。

本来、爪で受け止められる力が受け切れず、体に無理な動きが生じてしまい、その負荷が関節にかかるためだ。

爪の機能、役割、病状、そして爪のケアの方法やコンディショニングなど、爪の専門家だからこそ解決できる悩みがある。

割れた爪、剥がれた爪には補強を施し、早期のトレーニング復帰をサポートする。

また弱い爪は爪の生え変わり周期に合わせ戦える爪に育てる。

アスリートの爪のコンディショニングを日々行いながら、症状次第では医療機関を勧める。

また医療機関では症状の「処置のみ」されることが大半だが、その後の「対処」をアスリートに寄り添って継続的に行い、二人三脚で早期のトレーニング復帰を目指せる環境を整える。

アメリカではネイルサロン利用率が80%を超える。一方、日本では10%前後と低迷している。

アメリカでは「ネイルスパ」としてケアが浸透したのに対して、日本ではアートが主流となったため。ケアが中心のアメリカでは、爪のメンテナンスはスポーツ業界で広く導入されている。

日本では昨今、メンズネイルが注目されているが、これも「爪の美」を目的としたサービスでアスリート向きとは言えない。

アスリートサロンは、「掴む」「走る」「踏ん張る」など人間本来が持つ「爪の機能」に特化した役立つ情報とメンテナンス技術を提供し、Webメディアにおける唯一無二のアスリートの爪の相談先としてスポーツ文化の発展に貢献することを目指している。

また爪と関わりが深い、スポーツ医学、スポーツ栄養学などの知識体系とともに、爪のヘルスケアを総合的にサポート。

今後、一般生活者・高齢者への応用、各種専門家との協業やフィットネスジムとの連携など、随時サービスを拡充していく。

Athlete salon アスリートサロン – 爪のコンディショニング専門メディア

【日本初※】テーマは『スポーツ×爪』爪に悩みを持つアスリートを支援する、爪に特化した新しい総合情報メディア「アスリートサロン」をリリース!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません