秋の高校野球 東京大会 準決勝・決勝戦東京都内ケーブルテレビ8社とJ SPORTSで生中継

0 127

東京都内ケーブルテレビ8社(東京都内J:COMグループ3社19局、株式会社ケーブルテレビ品川、東京ベイネットワーク株式会社、東京ケーブルネットワーク株式会社、イッツ・コミュニケーションズ株式会社、多摩ケーブルネットワーク株式会社)と国内最大 4 チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(以下「J SPORTS」)は、各社のコミュニティチャンネルと「J SPORTS2」で、2019年11月9日(土)と10日(日)に行われる「2019年度秋季東京都高等学校野球大会(以下、秋季東京都大会)」の準決勝および決勝戦を生中継でお送りする。

準決勝の模様は11月9日(土)9:30から、決勝戦の模様は11月10日(日)11:30から、明治神宮野球場より実況解説付きでお届けする。

また、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」とJ SPORTSが提供する「J SPORTSオンデマンド」では、準決勝と決勝戦のライブ配信も行いますので、スマートフォンやタブレットで全国どこでも視聴が可能だ。

秋の大会は、夏の大会で3年生が引退してから結成されるチームとして初めての大会であり、来年の春の選抜高等学校野球大会を目指したスタートとなる戦いになる。

一次予選を勝ち進んだ64チームが出場し、ベスト4が11月3日に出揃った。注目の準決勝のカードは「創価-帝京」と「城東-国士舘」。

ベスト4の中で唯一の都立高校、初の秋季大会の優勝を狙う城東。昨年の秋季大会、優勝校の国士舘は、初の2連覇となるのか。

準々決勝で強豪校・日大三に逆転勝ちで勝利し、10年ぶりの制覇を目指す帝京。

夏からの経験者も多く残った創価は、今年の西東京大会決勝戦敗退の雪辱を晴らす。

東京No.1の称号を得るのは果たしてどのチームなのか、多くの注目を集める対戦だ。

秋の高校野球 東京大会 準決勝・決勝戦東京都内ケーブルテレビ8社とJ SPORTSで生中継

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません