世界初モバイルeスポーツプラットフォーム「Game.tv」が日本上陸

0 100

BlueStack Systems, Inc. (米国カリフォルニア州、CEO Rosen Sharma、以下「BlueStacks」) は、モバイルeスポーツプラットフォーム「Game.tv」(ゲームドットティーヴィー)を日本にてリリースする。

また、新たな事業ドメインであるeスポーツ事業に参入するにあたり、Intel Capitalをリードインベスターに迎え$25,000,000(米国ドル)の資金調達を行い、日本からは国内最大手の携帯電話販売代理店である株式会社ティーガイア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金治 伸隆、以下、「T-GAIA」)から新たに出資を受けたことを発表した。

BlueStacksは、AndroidゲームをPCの大画面でプレイすることをコンセプトとしたゲームプラットフォーム「BlueStacks」を開発・運営している。

「Game.tv」は既存サービスである「BlueStacks」から完全に独立したサービスであり、モバイルのゲームタイトルに特化したeスポーツプラットフォームとして機能する。

「Game.tv」は、これまでのeスポーツプラットフォームには見られないAI機能を特徴としている。

AIボットである「Tourney」が既存のコミュニティにプラグインされ、大会運営をアシスト。

「今日のeスポーツをビジネスとして見た場合、スポンサー企業が付くような大きな公式大会等でなければ収益化することは非常に困難です。『Game.tv』のAI機能を活用することにより、大会運営に伴う手間やコストを大幅に削減し、一般ユーザーでも大規模なコミュニティ大会が実現可能となります。」(BlueStacks CEO Rosen Sharma)

また、「Game.tv」は、ゲーム関連のコミュニティが多く存在するDiscordやTwitterと連携し、既存のコミュニティからのシームレスな大会運営を実現する。

「Game.tv」のウェブアプリにDiscord/Twitterアカウントでログインし、大会作成後はワンタッチでSNSへの投稿が可能です。また、DiscordにはAIボット「Tourney」を直接プラグインすることもできる。

「Game.tv」がよりカジュアルなモバイルゲームに特化するのもその理由の一つだが、「Game.tv」は、これまでeスポーツとは無縁だと思っていたユーザーに対し、気軽に大会に参加できる機会を創出する。

ターゲットの裾野を広げ、より多くのユーザーに大会参加の門戸を開き、eスポーツ市場の更なる拡大に寄与することを目指す。

「Game.tv」リリース記念キャンペーンとして、「Game.tv」で大会を開催いただいたコミュニティ50組に対し、Amazonギフトコード5,000円分を賞金スポンサーする。

また、モバイルゲーム「どうぶつタワーバトル」と、ゲーム実況者の加藤純一さんとのスペシャルコラボレーションとして、「加藤純一タワーバトル 信者衛門杯 powered by Game.tv」を開催する。

加藤純一さんご本人が参戦する大会を開催し、上位プレイヤーには豪華特典を贈呈予定だ。

Tourney – AIを搭載したeスポーツ Discordボット

世界初モバイルeスポーツプラットフォーム「Game.tv」が日本上陸!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません