次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram」フィットネス領域へ参入を発表

0 401

次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram(ボディグラム)」を提供するBodygram Inc.の日本法人Bodygram Japan株式会社(本社:アメリカ 、ファウンダー兼CEO Jin Koh)は、「Bodygram」の技術を活用して、フィットネス領域への参入を発表。

さらに競泳オリンピックメダリストであり、現在は「CrossFit(クロスフィット)」トレーナーとしても活動する松田丈志氏が、Bodygram公式アンバサダーとして就任した。

今後「Bodygram」は、アパレルのみならずフィットネス領域へと活用範囲を拡大し、多様な場面で独自の身体採寸技術を提供していく。

独自人工知能(AI)を駆使して全身の推定採寸を行う先進技術「Bodygram」は、いつでも・どこでも・誰にでも使ってもらえる技術を目指し、洋服を着たままの状態でスマートフォンからの画像と簡単な数値入力だけで、全身の身体サイズ推定を行う。

同社は「Bodygram」のさらなる活用シーンとして、フィットネス領域でのビジネス展開を本格化していく。

フィットネス領域においては、フィットネスジムでの導入を想定し、「Bodygram」で測定した体型データ記録を活用した効率的なトレーニングメニューの開発や個人間のデータ比較による多角的な商品開発など、あらゆる活用方法を検討していく。

フィットネス領域に参入していくBodygramの公式アンバサダーとして、競泳オリンピックメダリストであり、現在はクロスフィットトレーナーとしても活動する松田丈志氏が就任。

さらに、松田氏は来年9月に開催予定の「2020佐渡国際トライアスロン大会」Aタイプ(スイム4㎞、バイク190.0㎞、ラン42.195㎞)へ挑戦することも発表。

このコースは総距離236.195㎞で競い、コースのアップダウンも激しく国内でも有数の過酷なロングレースと呼ばれ綿密なトレーニングが必要となる。

Bodygramは松田氏が同じくアンバサダーを務める味の素(株)「勝ち飯®」と共同でフィットネスプログラム面・栄養プログラム面で全力サポートしていく。

Bodygramは今回の具体的なサポート内容として、トライアスロンにおける理想的な体型変化を確認するためのデータ計測・提供を行う。

松田氏によって提供されるアスリートの貴重な身体データを蓄積することで、Bodygramはフィットネス領域への参入を確立する。

さらに、松田氏がトレーナーを務めるフィットネスジム「CrossFit(クロスフィット)」でも、「Bodygram」を活用していく。

次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram」フィットネス領域へ参入を発表

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません