プロスポーツチームが⽇本で初めて、株式投資型クラウドファンディングで資⾦調達を大成功

0 428

「琉球アスティーダ」をチーム運営する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、株式投資型クラウドファンディン
グサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2019年12⽉7⽇(⼟)10時より募集による投資申込みを受付。

開始10分⾜らずで⽬標募集額の1000万円を達成。その後8時間で上限応募額2300万円を達成。

2019年12⽉7⽇。⽇本のスポーツビジネスが変わった歴史的な⽇になった。

卓球プロリーグ「Tリーグ」に所属する「琉球アスティーダ」を運営する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社(沖縄県中頭郡 代表取締役:早川 周作)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2019年12⽉7⽇(⼟)10時より募集による投資申込みの受付を開始。

開始からわずか10分⾜らずで⽬標額の1000万円を達成。その後開始から8時間の18時ころ、結果的に即日で上限応募額の2300万円を達成した。

株式投資型クラウドファンディングサービスによる資⾦調達は、⽇本のプロスポーツチームとしては初の試み。

この成功により、⽇本のスポーツビジネスにおける、新たな資⾦調達⽅法が確⽴した。

【同社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/105

【続報!】わずか8時間、即日で上限応募額2300万円の資⾦調達完了! プロスポーツチームが⽇本で初めて、株式投資型クラウドファンディングで資⾦調達を大成功。

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません