ガンバ大阪、Jリーグ デジタル殊勲賞を受賞!J1リーグ戦ホームゲーム平均入場者数を更新!

0 620

株式会社ガンバ大阪(以下、ガンバ大阪)は12月7日に2019シーズンの明治安田生命J1リーグのゲームを終了。

J1リーグ戦ホームゲーム平均入場者数が過去最多の27,708人(昨シーズン:23,485人、昨年比:118%)に到達し、2019シーズンにおけるJリーグクラブの中でも3番目の数字を達成した。

さらに、これを支えるデジタル戦略が2019年の最も優れた実績として、Jリーグよりデジタル殊勲賞(最優秀クラブ)を受賞した。

ガンバ大阪はホームスタジアムとして2016年からパナソニックスタジアム吹田を使用。

新スタジアム元年は過去最高の平均入場者数 25,342人と約1万人急増したが、その後に新スタジアム効果が薄れ低迷傾向に。

そのため、2018年よりマーケティングの刷新に着手し、特にデジタルマーケティングと集客イベントに注力した。

Jリーグはチケット購入やアプリのログインに、購入者のメールアドレスや住所、年齢、「応援するチーム」などを紐づけている「JリーグID」と呼ばれるIDを導入。

ガンバ大阪では、地域のホームタウン活動にもJリーグIDを活用し、応援チームにガンバを選んだ人は17万人とリーグ最多のID登録を誇るまでに増加した。

この大量のデータの活用を進めるため、パナソニックグループの新規事業開発を進める関連部門と協働の取り組みを開始し、顧客の属性や行動を分析。

来場回数や購入試合といった定量データだけでなく、来場者アンケートやスタジアムの位置情報を利用したチェックイン情報など、多岐に渡るデータに基づいてイベント企画やデジタルコミュニケーションへの活用を進めた。

こうした取り組みが、リピーターの増加と新規観戦者の獲得につながり、2019シーズンの平均入場者数記録更新という結果に結びついた。

リピーターの増加では、特にファンクラブ会員向けの限定イベントや、来場者に向けて選手のコメントなどを伝えるメールマーケティングを実施。

また、新規観戦者の獲得では、「女性顧客」の獲得へ向けてガールズシートや、特別観戦シート、美容セミナー等を実施することで、SNSなどで発信力が強い層に、アプローチすることが出来た。

こういった成果が認められ、2019年のデジタル戦略におけるJリーグの最優秀クラブとして、デジタル殊勲賞を受賞。

また、一連の取り組みは、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社が発行する、Jリーグ各クラブのビジネス面を評価する「Jリーグマネジメントカップ」においても高く評価されている。

取り組みを開始した2018シーズンは、マーケティング面の変革が特に評価され9位から4位へと躍進しており、2019シーズンはさらに高評価が期待される(各クラブの前年決算後の評価のため、2019シーズンの評価は2020年秋の発行予定)。

ガンバ大阪は今後もデジタルマーケティング活動を強化。2020シーズンのファンクラブ会員の募集も開始しており、さらなる入場者数増加を目指す。

ガンバ大阪がJ1リーグ戦ホームゲーム平均入場者数を更新<Jリーグ デジタル殊勲賞を受賞>

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません