高校バスケの最高峰、ウインターカップ2019第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会の男女全118試合をPlayer!がリアルタイム速報

0 431

スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、本日12月23日より開幕する、ウインターカップ2019の男女全118試合をリアルタイム速報する。

< ウインターカップ2019 展望 >

・男子

今年も激アツな冬がやってきた。ウインターカップ2019、各ブロックの展望を読み解いていく。

まずは、第1シード福岡第一。昨年のウインターカップ、今夏インターハイを制し、今大会も優勝候補最有力だ。

今大会も圧倒的な力で大会2連覇を目指す。同ブロックでは、能代工業(秋田県)・桜丘(愛知県)などの強豪の台頭にも期待したい。

第2シードは北陸(福井県)。今夏インターハイでは激戦区を勝ち抜き、準優勝と快進撃を見せた。

9大会ぶりの日本一を目指す。他にも明成(宮城県)、広島皆実、中部第一(愛知県)、東海大諏訪(長野県)、土浦日大(茨城県)といった強豪校が初戦から相見え、熱戦が期待される。

第3シードは報徳学園(兵庫県)。今夏インターハイでは、ダークホースとしてベスト4と躍進。近畿王者の東山(京都)との関西対決にも注目したい。

第4シードは開志国際(新潟県)。各ポジションに実力のある選手が揃い、バランスのとれたチームだ。

また、シードのポケットには福岡大大濠が控える。福岡県予選で悔しい思いをしているだけに、今大会に懸ける思いは強いだろう。

・女子

まずはAブロック。インターハイ優勝、優勝候補筆頭の強豪桜花学園(愛知)のブロック。

昨年はまさかの準々決勝で悔し涙をのんだ桜花学園は、昨年の借りを返すべく闘志を燃やしている。

他の注目校は開志国際(新潟)。インターハイでは大阪桐蔭に1点差で敗北を喫した開志国際だが力は確実にあるため、桜花学園の1つ目の山となりそうだ。続いてBブロック。

インターハイベスト4で強豪ひしめく大阪1位の大阪薫英女学院が一歩リード。他にも、インターハイでは桜花学園に敗れたが、公立校ながら力のある良いチームの沖縄県立西原、関東優勝の昭和学院を県予選で破った千葉経済大もいる激戦区。

Cブロックは、インターハイでは開志国際を1点差で破りベスト4入りした大阪桐蔭が筆頭。

東京1位の明星、インターハイ2位の岐阜女子と接戦を演じた京都精華学園がいるため、ここが最激戦区になる模様だ。最後にDブロック。

インターハイ2位、昨年王者の岐阜女子がインターハイの借りを返すべく闘志を燃やしている。

関東王者の昭和学院(千葉)が対抗できるか否か。

男女共出場校60校と、昨年から10校増枠されさらなる盛り上がりが予想される今大会。

令和元年王者を賭けた熱い戦いに期待だ。

高校バスケの最高峰、ウインターカップ2019第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会の男女全118試合をPlayer!がリアルタイム速報!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません