アジアeスポーツの頂点を決める国際大会「e-Masters 成都2020」日本代表選手が決定

0 214

一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、12月21日に実施した国際eスポーツ競技会「AESF e-Masters 成都 2020」日本代表選手選考大会にて、「伝説対決 -Arena of Valor-」、「eFootball ウイニングイレブン 2020」、「リーグ・オブ・レジェンド」における日本代表選手が決定した。

「e-Masters」は、アジアeスポーツ連盟(会長:ケニス・フォック 以下、AESF)がアジアeスポーツの成長と可能性を発掘する場として新設した国際競技会。

JeSUは12月21日(土)に「AESF e-Masters 成都 2020」 日本代表選考大会本大会を実施した。

その結果、「伝説対決 -Arena of Valor-」はチーム「Unsold Stuff Gaming」のMai選手、Kabuki選手、tatuki217選手、slashmoon選手、dejiwo選手、FitchManコーチ、「eFootball ウイニングイレブン 2020」は、まーさん選手、「リーグ・オブ・レジェンド」は、Gifted1選手、Yunika選手、I CAN INGLISH選手、Marimo選手、Phantom選手、Lillebeltコーチを日本代表メンバーとして決定した。

「AESF e-Masters 成都 2020」日本代表選手は、2020年1月3日〜8日に実施されるリージョン予選に出場し、当予選を勝ち上がると2020年2月下旬に実施される本戦に出場することとなる。

アジアeスポーツの頂点を決める「AESF e-Masters 成都 2020」アジアeスポーツの頂点を決める国際大会「e-Masters 成都2020」日本代表選手が決定

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません