360Channel、JTサンダーズ広島・JTマーヴェラスのVRコンテンツをプロデュース

0 240

株式会社360Channel(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島健登)が運営する総合VRプロデュース事業であるVR PARTNERSにて、2019-20期シーズンJTサンダーズ広島(V1男子)、JTマーヴェラス(V1女子)のVRコンテンツをプロデュースした。

2019-20シーズン V.LEAGUEが開幕し、これまで以上にJTサンダーズ広島・JTマーヴェラスを身近に感じていただくとともに、バレーボール自体の魅力と迫力をよりリアルに味わっていただくためのVRコンテンツを各チーム複数本(*)制作。

*現時点(1月21日)で、男女計5本をホームゲーム会場およびYouTube上にて公開。
JTサンダーズ広島の食堂編に関しては、2月上旬に公開予定

Vリーガーの迫力あるプレーを疑似体験しつつ、そのすごさを視覚的にもわかりやすく表現している。

また、コート上とは違った選手たちの様子を見ることができるコンテンツも用意。

また、視聴する方が自然に楽しめるよう、体育館の広さや選手達との物理的距離感を計測のうえ、カメラの高さやカメラとの距離を設計し、撮影を行った。

撮影内容に応じてカメラ機材を切り替え、定点だけではなく、動きのあるVR映像を提供している。

*視聴端末・プラットフォームにより変動いたします。

制作したVRコンテンツはJTサンダーズ広島のホームゲーム会場のVRゴーグルで、PCやスマートフォンからは、YouTubeのJT公式チャンネルの各コンテンツURLより視聴することが可能だ。(JTマーヴェラスのホームゲームでの実施は全日程終了しております。)

【VRバレーボール体験】360Channel、JTサンダーズ広島・JTマーヴェラスのVRコンテンツをプロデュース

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません