「eスポーツアリーナ三宮」2月23日(日)オープン

0 513

上新電機株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役兼社長執行役員:金谷隆平、以下「上新電機」)は、
「eスポーツアリーナ三宮」を2月23日(日)、ジョーシン三宮1ばん館9階にオープンする。

本施設は、プロeスポーツチームが自ら運営を担当するeスポーツアリーナです。また、客席数170席・面積173㎡と、西日本最大級の規模を誇る。

「eスポーツアリーナ三宮」は、eスポーツを愛する人達の活躍と交流の場を提供したいという想いから誕生した。

国内には常設されたeスポーツ施設が少なく、イベントの開催数が限定されていることから、選手同士のリアルな交流や、一般の方がeスポーツと触れ合う機会が少ないことが課題の一つとされている。

上新電機では、このような“場所不足”の問題を解決すべく、プロeスポーツチーム「SIRIUS GAMING(シリウスゲーミング)」とメインスポンサー契約を締結し、プロeスポーツプレイヤーが運営する「eスポーツアリーナ三宮」を常設する運びとなった。

これによりプロeスポーツプレイヤーへ安定した活動拠点を提供できると同時に、一般の方へより身近に本格的なeスポーツを「体験」してもらうことが可能になる。

プロeスポーツプレイヤーは、昨年8月に公開された「男子中学生が将来なりたい職業」アンケート※1で、「YouTuberなどの動画投稿者」に次いで2位にランクインするなど、子供たちの憧れの職業としても注目を浴びている。

プロとしての環境を整えるだけでなく、一般の方にプロ選手をよりリアルに感じてもらうことで、次世代eスポーツスターの登場につなげたいと考えている。 

※1:ソニー生命調べ

また、一企業としての立場で今後長くeスポーツ普及に貢献するため、「体験」と並べて、もう一つ重要な柱に据えているのが「プロモーション」。

eスポーツファンにとって魅力あるオリジナルグッズや関連商品の開発にも注力し、長きに渡ってスポンサー契約を継続するという好循環を目指す。

【圧倒的臨場感!プロ選手の洗練されたプレイをリアルに体感】「eスポーツアリーナ三宮」2月23日(日)オープン 

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません