スポーツビジネスのPR・採用プラットフォーム「HALF TIME」、スポーツコンテンツを活用したクラウドファンディング拡大に向け、CAMPFIREと業務提携を実施

0 314

Beyond Global Recruitment株式会社(東京都港区、代表取締役:磯田裕介)が運営する、スポーツビジネスのPR・採用プラットフォーム「HALF TIME」(ハーフタイム、https://biz.halftime-media.com/)は2020年2月より、スポーツコンテンツを活用したクラウドファンディングの拡大を目指し、株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区、代表取締役社長:家入一真)と業務提携した。

今回の提携は、スポーツ団体や一般企業がスポーツコンテンツを活用して、スポーツファンと共に「夢を実現する」プロジェクトを支援するものです。ユーザーとなる企業・団体はプロジェクトを企画立案し、モノやサービスのリターンを用意することで、支援者からの資金調達をCAMPFIRE上で行う。

HALF TIMEとCAMPFIREではユーザーのプロジェクトの企画立案・進行を支援すると共に、ユーザーはHALF TIME上で無料で企業ページを開設し、プロジェクトの進捗などを「ストーリー」機能で広く告知することが可能となる。

さらにHALF TIMEでは、CAMPFIREのスポーツ関連プロジェクトを一覧で見られる特設ページを今後設置し、個別キャンペーンだけでなくスポーツコンテンツを活用したクラウドファンディング全体を広く周知。

スポーツコンテンツを活用したクラウドファンディングは、(1)資金調達、(2)ファン・エンゲージメント、(3)PRを主な目的として、例えば、新しいグッズの製作やプレミアム観戦チケットの販売、スタジアムイベントの実施や功労選手の引退試合など、試合・競技以外でファンとの接点を作り、ファンをエンゲージする企画の立案を想定している。

CAMPFIREではこれまで、スポーツをテーマにした代表的なプロジェクトとして、「J1北海道コンサドーレ札幌元主将・河合竜二引退試合を、一緒に盛り上げましょう!」、「ファン・サポーターとともにつくる、清水エスパルス25周年記念誌」、「井口選手と熊本県宇土市の市庁舎を作ろう!復興支援プロジェクト」などが立案されている。

その多くが目標金額を達成するなど、スポーツは需要の高いテーマであることが分かっている。

当社代表取締役の磯田裕介は、「HALF TIMEではこの度、スポーツコンテンツを活用したクラウドファンディングの拡大を目指し、CAMPFIRE様と業務提携する運びとなった。

スポーツ業界の更なる発展には、よりスポーツ業界にお金が流れる仕組み作りが必要と考えており、今回の提携はスポーツ組織にとって、クラブ運営の収益基盤の強化、新たなファン・エンゲージメントの機会、そしてPRの機会を提供できる取り組みになる。

今後一層スポーツ界でクラウドファンディングの活用が進み、ファン、サポーターをはじめ、より多くのステークホルダーがスポーツに関わり、スポーツ業界がさらに発展する一助となれば幸いです」と述べている。

スポーツビジネスのPR・採用プラットフォーム「HALF TIME」、スポーツコンテンツを活用したクラウドファンディング拡大に向け、CAMPFIREと業務提携を実施

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません