スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了

0 336

スポーツ映像分析プラットフォームを提供するRUN.EDGE株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 小口 淳、以下「RUN.EDGE」)は、KDDI Open Innovation Fund 3号、株式会社メディアシーク、データスタジアム株式会社、Spiral Capital Japan Fund 2号、株式会社Link-U、株式会社クロップス、クイックソフト株式会社、旺文社イノベーションファンド1号より、総額5.8億円の資金調達を完了したことをお知らせ。

これに伴い、以下の通り新規・既存の領域において出資先との協業を目指した取組を開始し、事業成長を加速させていく。

● 5G時代のワクワクする未来の体験創造を目指すKDDIと「スポーツ観戦者向けやアマチュア向けの展開」
● 画像認識技術に関する高いノウハウとビジネス経験を有するメディアシーク、他出資先と「動画サービス・プラットフォーム向けの展開」
● スポーツデータ業界における先駆者であるデータスタジアムと「国内プロ野球を中心とした展開」(業務提携契約を締結済み)

スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません