200万ドル(約2億円)の賞金を懸けて世界20ヶ国のプロチームが競うeスポーツ大会「PGI2018」

0 335

PUBG株式会社は、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のグローバル・eスポーツ大会「PUBG Global Invitational 2018(PGI2018)」を、7月25日(水)から7月29日(日)の5日間、ドイツのベルリンにて開催する。

PGI2018は、世界トップクラスの実力を誇る20のプロチームが総賞金200万ドル(日本円で約2億円)と優勝の栄誉のために競う。

4人チームで行われ、 25日から26日まではTPPモード、28日から29日まではFPPモードで試合を進め、モード別に世界最強チームが決定する。

出場権を獲得出来る20チームは地域選抜を通じて選ばれる予定で、7月上旬までに韓国を含むアジア、北米、欧州など各ローカルで進行。日本からはシード権により2チームの出場が確定しているという。

開催にあたりPUBG株式会社代表取締役のキム・チャンハンは、次のようにコメントしている。

PUBG Global Invitational 2018はバトルロイヤルジャンルのeスポーツ化の可能性を世界的に立証できる重要な機会であり、その意味は非常に大きい。会場で試合に参加してくれるプレイヤーの皆さんと世界各国で大会を観覧する視聴者の皆さんにも現場で盛り上がる熱意、迫力、感動をお伝えして、クオリティの高いPUBG、eスポーツ体験を提供できるように最善を尽くして準備します。

200万ドル(約2億円)の賞金を懸けて世界20ヶ国のプロチームが競う PUBGのグローバル・eスポーツ大会「PUBG Global Invitational(PGI) 2018」

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません