スポーツ映像配信分野における新会社「NTTSportict」の設立

0 727

西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:小林 充佳、以下、NTT西日本)と朝日放送グループホールディングス株式会社(代表取締役社長:沖中 進、以下、朝日放送グループHD)は、共同出資を行い、スポーツ映像配信分野における新会社「株式会社NTTSportict」(本社:大阪府大阪市中央区馬場町3-15、以下、NTTSportict)を2020年4月1日(予定)に設立する。

近年、国内のスポーツ市場は拡大傾向にあり、2025年には約15.2兆円に達する見込み(※1)であるところ、スポーツ映像配信市場についても、2025年には約863億円となる見込みであり、2019年の3.1倍となることが予想(※2)されている。

しかし、現在の国内スポーツ映像配信コンテンツの多くは、メジャーなスポーツや全国区の試合で配信されていることが多く、地方大会やアマチュアスポーツ大会に関する映像コンテンツを視聴する機会が多いとは言えない。

この背景として、①映像配信を行うには、機材や人的コストがかかること、②地方大会やアマチュアスポーツ大会における運営において、映像配信に費やす稼働やコストに余裕がないことが考えられる。

このような中、NTT西日本は、高品質で安定した通信ネットワークやICT技術、朝日放送グループHDは長年培ってきたスポーツ映像制作技術を軸に、AIを実装したカメラによる自動撮影・自動配信について、他法人と共同で実証実験(※3・4)を行ってきた。

この実証実験を通じて培った知見と、実験にご協力いただいた多種多様なスポーツ関係者様との議論を行った結果、低コストかつ容易にスポーツ映像を撮影する環境と、撮影した映像配信プラットフォームの構築を通じて、地方におけるスポーツ大会やアマチュアスポーツの発展に貢献できると確信した。

このような背景を踏まえ、NTT西日本と朝日放送グループHDは、スポーツ映像配信事業の新会社を設立し、スポーツ観戦×ICTで新たなスポーツ観戦体験を提供し、地方で行われるスポーツ大会の魅力を世界に発信することで地方創生へと貢献していく。

※1:2016年6月 スポーツ庁 経済産業省『スポーツ未来開拓会議 中間報告』 https://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160614004/20160614004-1.pdf
※2: 2019年11月 野村総合研究所 SporTech市場規模予測(日本国内)
   https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2019/cc/1127_1
※3: 2019年7月 AIカメラを活用したスポーツ映像配信事業の実証実験について https://www.ntt-west.co.jp/news/1907/190709a.html(実験実施者:NTT西日本、朝日放送グループHD、株式会社朝日新聞社、株式会社電通及び株式会社日宣)
※4:2019年12月 AIカメラ常設によるハンドボール映像配信事業に関する実証実験について https://www.ntt-west.co.jp/news/1912/191224a.html(実験実施者:NTT西日本、公益財団法人 日本ハンドボール協会)

 ①会社名:株式会社NTTSportict(NTTスポルティクト)
 ②本社所在地:大阪府大阪市中央区馬場町3-15 NTT西日本本社ビル社屋内
 ③事業内容:
  ◇AIカメラの機器販売、設置保守事業
  ◇スポーツ施設・団体への映像配信プラットフォームの提供、動画コンテンツの配信
  ◇上記に付帯または関連する一切の事業 等
 ④資本金:1.5億円(資本準備金1.5億円)
 ⑤株主:NTT西日本、朝日放送グループHD
 ⑥設立年月日:2020年4月1日(予定)

スポーツ映像配信分野における新会社「NTTSportict」の設立について

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません