ARスポーツ「HADO」の大会SUMMERシーズンが5月からスタート

0 452

株式会社meleapは、新感覚テクノスポーツHADOの大会「SUMMERシーズン」を5月から開幕する。

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツで、3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

現在、HADOは世界9ヶ国18箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験している。

2018年1〜4月にはSPRINGシーズンが開催され、その本戦である「SPRING CUP」が4/21(月)に開催された。

この本戦では、予選を勝ち抜いた8チームが競い合い、「わちゃわちゃ☆ピーポー」が優勝した。

2018年5月よりHADO大会のSUMMERシーズンが開幕するが、SUMMERシーズンでは、SUMMER CUP以外にも、初心者向けのBEGINER’S CUP、トップランカーへの登竜門となるADVANCE CUP、2on2の最強決定戦のBUDDY CUP、強豪チームによるMASTER’S LEAGUEなど、初心者から上級者まで楽しめる大会がたくさん行われる。

そしてSUMMER CUPの本戦は9月1日(土)に開催予定だ。

予選は東京、神奈川、北海道(札幌)で開催し、強豪8チームが本戦に進むことになる。

HADO 2018 SEASON

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません