スポーツと爪の専門家が「爪のオンラインコーチング」を開始!

0 162

株式会社チア・アトリエ(代表:大塚 裕司、本社所在地:東京都新宿区)が運営する爪のコンディショニング専門メディア「Athlete salon アスリートサロン」は、「爪で日本スポーツを強くする」を掲げ、新型コロナウイルスと世界中で戦っている皆様の一助となるよう、自宅でカラダメンテナンスができる「爪のオンラインコーチング」を2020年5月3日(日)より提供します。

コンセプトは、かんたん、時短、自分でできる「毎日1分爪切り爪ケア」

なぜ、スポーツに爪のメンテナンスが必要なのか?

・野球の投球で、爪が割れた!
・ランニング後に、爪が剥がれた!
・ボディープレーで足を踏まれ、爪の下で出血した!

爪はいずれ生えてくるし、こんな怪我は仕方がないと考えていませんか?

スポーツをする爪には、想像以上のダメージが蓄積されています。そして、ダメージを受けた爪では、指先に力をかけられずスポーツパフォーマンスの低下につながっています。

スポーツには、この指先にかかる力を爪が受け止めエネルギーに変える(=爪圧)が、非常に重要。

爪をスポーツ向けにメンテナンスすることで、爪圧を100%発揮することが、勝つアスリートに求められています。

爪のオンラインコーチングとは?

爪のオンラインコーチングは、爪圧を100%発揮させ、継続的にキープする方法を提供する、スポーツパフォーマンスのための新しいケアメソッドです。

爪のトラブルや処置は、時に外科手術も必要なほど、従来より専門性が高い分野でした。医学的にも爪はまだ不明なことも多く、一般生活者が知識なしに対処できるものではありません。

しかし、専門性の発揮が必要なのは、トラブルが重症化し病状が進んできてからのこと。実はトラブルの期初や発症前では、専門性はほとんど必要ありません。さらに、爪のトラブルを遡ると、その多くは爪切りに起因しています。

しかし、日本人の約7割が巻き爪をはじめとした何らかの足トラブルを抱えている(※)。この実態には、本当に正しい爪切りや爪ケアを知る日本人が、少ないこと裏付けと言えるでしょう。

本来、日常生活で行う爪切りやネイルケアは、正しい方法を身につけ覚えてしまえば誰でも自分ででき、爪のトラブルは予防できるのです。

諸外国に比べて、爪のケア文化が未定着で、爪の超後進国である日本。

この社会課題に取り組む「爪のオンラインコーチング」は、正しい知識とケア・メンテナンスの方法を広く提供することで、自分自身で予防ができるようにコーチングしていく「セルフメンテナンスを重視した予防メソッド」です。

※この予防メソッドは、アスリートの爪のコンディショニングを行う、一般社団法人アスリートネイル協会認定のネイルトレーナーが監修しています。

爪のオンラインコーチングに友だち登録すると、どうなるか?

爪のメンテナンスについて正しい知識を身につけ、怪我をしにくい爪を育てられるように継続的にサポートします。

つまり、もう爪のトラブルに悩むことが少なくなります。
スポーツをすることに全身全霊をかけ集中できるようになるのです。

これを可能にするのが、爪ケアの方法やコツを定期的にコーチングするLINE配信。

また「LINEだけではよく分からない」「私の場合は具体的にどうしたらいいか?」という個別ニーズには、ZOOMを利用し遠隔地であってもカウンセリングが受けられるコースもオプションで用意しています(オプション)

爪の専門性を持ったセカンドオピニオンとして、また日常的な爪の悩みなどを話せる「爪のかかりつけサロン」としてあなたの爪の一次相談先となり、爪ケアの方法をお伝え、セルフメンテナンスをバックアップ。

今後は、オンライン上で爪診断ができるようなコンテンツを拡充し、セルフケアの領域を利便性よく高めていきます。

友だち登録 受付方法

受付は「アスリートサロン LINE公式アカウント」より
https://lin.ee/1z9SbVcpr

5/1(金) 友だち登録 受付開始
5/3(日) 「爪のオンラインコーチング」サービスイン

友だち登録いただいた方には特典で、

「9割の人が知らない爪切り爪ケアの7つの間違い」

と題した無料チェックリストを5/3(日)にプレゼントします。

コロナ期にやりたいカラダケア!スポーツと爪の専門家が「爪のオンラインコーチング」を開始!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません