ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRabonaが累計1.9億円の資金調達と社名変更

0 83

新しいスポーツ観戦スタイルとして世界的に注目されているファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』を運営しているRabona Pte. Ltd.(本社:1 Raffles Place #23-04, One Raffles Place Singapore 048616、代表:石川貴大)は、社名を「SPORTS CROWN Pte. Ltd.」(以下、当社)に変更いたします。

また、第三者割当増資による総額1.2億円、累計1.9億円の資金調達が完了したことを合わせてお知らせいたします。

▼資金調達の背景と目的

今回、日本でファンタジースポーツを更に発展させ、新たなスポーツの楽しみ方を世の中に広めるため、1.2億円の資金調達を実施しました。

ファンタジースポーツとは、自分の好きな選手を選んで架空のスポーツチームを編成するシミュレーションゲームです。海外におけるファンタジースポーツの市場は非常に大きく、ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザー数は約3,200万人で参加者は年間平均で467ドルを費やし、総額150億ドルの一大市場を形成しています。当社が提供するファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』(以下スポクラ)は、2018年1月にサービスを開始し、日本最大級のファンタジースポーツに成長しています。

『SPORTS CROWN』は、新型コロナウイルスの影響で延期されていたプロスポーツの再開後もユーザー数を伸ばしており、以前のように数万人の観戦が難しい中で新たなスポーツの楽しみ方として注目され始めています。

今回調達した資金はマーケティングの強化やサービスの研究や開発に加え、エンジニアをはじめとする人材採用に積極的に投資していきたいと考えております。

今後の展開としては集積したデータを活用した企業プロモーション、地域産業と連携した地方創生に一役を担えるようなスポーツテック領域におけるリーディングカンパニーを目指します。

▼投資家情報
・大湯 俊介氏(コネヒト株式会社 創業者)
・中川 綾太郎氏(newn inc. 代表取締役)
・國光 宏尚氏(株式会社gumi 取締役会長)
・里見 治紀氏 (セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長グループCOO)
・見城 徹氏(株式会社幻冬舎 代表取締役社長)
・株式会社ベクトル

ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRabona 累計1.9億円の資金調達と社名変更に関するお知らせ

SPORTS CROWN | スポクラ | サッカー・野球で活躍する選手を予想して賞金をGET

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません