Jリーグ初!川崎フロンターレのLINEアカウントにAIチャットボット機能を搭載

0 200

川崎フロンターレは、現在の川崎フロンターレ公式アプリに搭載している富士通株式会社が開発したAIチャットボット「人工知能ふろん太くん」を、新たに「川崎フロンターレ LINE@アカウント」に導入すると発表した。

なお、LINEへのAI搭載は、Jリーグクラブ初となる。

AIチャットボット機能には、LINE社提供のMessaging APIを使用しており、LINEとの連携を実現。

ユーザーのLINE上でのアクション行動を把握し、次の戦略検討に向けた分析が可能になる。

また、情報の見える化から始め、段階的に動向分析・コンテンツを強化していくとのこと。

サービスとしては、アナライザで分析を行い、セグメント配信で特定ユーザーに宣伝をすることでLINE決済によってシームレスに購買できるように促進することを目指している。

その他にもチケットなどの問い合わせの自動応答対応や、有人対応が必要な問い合わせに関してはチャットセンターにつなぐことも可能だ。

「川崎フロンターレ LINE@アカウント」は、川崎フロンターレの価値・取り組み・魅力を、富士通のデジタル技術を用いてより多くの人たちに伝えることを目指すとのこと。

Jリーグ初!「クラブ公式LINEアカウント」にAIチャットボット機能「人工知能ふろん太くん」搭載

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.