FitbitとGoogleが健康管理で提携!ウェアラブル機器と電子カルテの情報を連携

0 630

Fitbitは、Googleの新しい「Cloud Healthcare API」を利用して、ユーザーが医師と連携して自分の健康状態を管理できるように支援すると発表した。

GoogleとFitbitの提携により、ユーザーはゆくゆくは、スマートウォッチ「Versa」などのFitbitのフィットネスウェアラブル機器からのデータを、電子カルテと結び付けられるようになる。

Fitbitは、最近買収したTwine HealthのサービスでもGoogleのサービスを使用し、糖尿病や高血圧などの慢性疾患をユーザーが管理できるようにする計画だ。

また、Fitbitはこの提携により、消費者と医療機関に対するユーザーエクスペリエンスを高めつつ、これまでより速く成長し、より多くのユーザーに製品を提供できるようになると、同社の共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるJames Park氏は述べた。

Fitbit、健康管理でグーグルと提携–ウェアラブル機器と電子カルテの情報を連携 – CNET Japan

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません