F1スペインGPのテレビ放送日程、CSフジNEXTとDAZN配信スケジュール

0 407

日本時間5月11日(金)から13日(日)までの3日間の日程で開催される2018年のF1スペインGP。フリー走行3回、予選、そして決勝の全5セッションで構成される。

地上波やBSでの無料生放送は行われないため、視聴には有料放送か有料ネット配信サービスを利用する必要がある。

フジ及びDAZNともに、フリー走行、予選、決勝の全セッションがノーカット生中継されるとのこと。

フジテレビNextスカパーの解説陣は、初日金曜に現地から津川哲夫と米家峰起、スタジオで今宮純が解説を努め、土曜以降は川井一仁、森脇基恭・片山右京の3氏がバトンを引き継ぐ。

フリー走行と予選は10分前、決勝は30分前から放送開始となり、DAZNでは、国際映像とライブタイミング、オンボードカメラ映像を楽しむこともできる。下記はすべて日本時間。

2018年F1スペインGP

舞台となるのは、28回目のグランプリ開催を迎えるカタロニア・サーキット。

低速・中速・高速・ロングストレートの全ての要素を兼ね備えたバルセロナでのレースは、シーズンの行方を占う重要な一戦となる。

路面の全面再舗装が行われた他、1コーナーのアウト側のグラベルがアスファルトに変更、5・15コーナーの人工芝が撤去され代わりに二重縁石が敷設されるなど、全体的に改修の手が入った。

昨年のレースでは、スタート直後の1コーナーで多重接触が発生。バルテリ・ボッタスとキミ・ライコネンが接触し、挙動乱れたライコネンのマシンがマックス・フェルスタッペンへと激突した。

結果、ルイス・ハミルトンが勝利を手にし、セバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドが表彰台へと上がった。

地中海沿岸に位置する港湾都市バルセロナと日本との時差は7時間。いずれのセッションも、比較的観戦しやすい日本時間夕方以降の放送となる。

現地週末は晴れの予報が出ており、ドライコンディションが見込まれる。

F1スペインGP:テレビ放送日程、CSフジNEXTとDAZN配信スケジュール/2018年|F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません