洋上初となるeスポーツ専用施設をワールド ドリームに開設

0 142

アジア初のプレミアム客船として2016年秋に登場したドリームクルーズは、洋上初となるeスポーツ専用施設を「ワールド ドリーム」に開設した。

約160㎡におよぶeスポーツ施設は、VR(ヴァーチャルリアリティ)ゲームを楽しめるESCエクスペリエンスラボの内に位置し、洋上で初となるeスポーツを体験したり、FIFA18の親善試合も行われるとのこと。

eSposrts専用施設は、80名のライブ視聴者と10名のプレイヤーを収容可能。

いずれのeSposrtsイベントも、999名収容可能なゾディアックシアターやロビー、シルクロードチャイニーズレストラン、全客室からズークビーチクラブまで、屋内外問わず船内の LEDスクリーンやモニター上でライブ放送が行えるとしている。

また、eSposrts専用施設では『DOTA』、『ストリートファイター』シリーズや『鉄拳』シリーズなどを用いた無料のワークショップが開かれるとのこと。

このワークショップで乗船者は、eSports施設のプロフェッショナルからゲームの基本操作などがレクチャーされるそうだ。

洋上初となるeスポーツ専用施設をワールド ドリームに開設 | お知らせ | DREAM CRUISES(ドリームクルーズ)

洋上初のesports施設が登場、クルーズ船内でesportsイベントを開催

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.