アジア競技大会のeスポーツタイトルにウイニングイレブンが選出されたのは意外!?

0 234

8月にインドネシア・ジャカルタで開催されるアジア競技大会のeスポーツタイトルが発表された。

関連記事
2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」種目6タイトルが発表

選ばれたタイトルについて、関係者はおおむね順当と評価する一方、コナミデジタルエンターテイメントの「ウイニングイレブン(海外名はPRO EVOLUTION SOCCER 2018)」が国内メーカータイトルとして唯一選ばれたことに驚きの声も出ているという。

なぜならウイイレは日本でこそサッカーゲームの中で売り上げナンバーワンだが、世界ではFIFAシリーズ(エレクトロニック・アーツ)の方が売れており、ユーザー数の多さからeスポーツの世界でもサッカーゲームといえばFIFAシリーズと相場が決まっていたからだ。

FIFAシリーズは、アジア大会と同じアジア・オリンピック評議会(OCA)が主催する「アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ」(旧アジア室内競技大会)では、eスポーツがメダル種目となった2007年の第2回大会からずっと競技タイトルとなっていた。

しかし、昨年9月にトルクメニスタンで開かれた第5回大会では、急きょ競技タイトルから消えたという経緯がある。

ある関係者はその際「なぜFIFAが入らなかったかみんな不審に思った」という。

許諾が取れなかったのか、あるいはなんらかの不都合があったのかさまざまな臆測を呼んだ。

家庭用ゲーム『ウイニングイレブン 2018』が日本のメーカータイトルとして唯一 「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」のeスポーツタイトルに採用決定 | 株式会社コナミデジタルエンタテインメント

意外だったウイイレ選定 アジア大会発表 – 毎日新聞

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.