米データサイトが予想!大谷翔平がどちらかに専念した場合の成績がすごい

0 69

アメリカのデータサイト「ベースボール・リファレンス」には、各選手のデータを紹介するページに「162 Game Avg.」という項目がある。

これは各選手の通算成績を、MLBで1シーズンに戦う162試合平均に換算したものだ。

先発投手の場合、162試合で5人ローテを維持する計算で34試合に先発すると見なされ、打率や防御率などは通常どおりの計算方法が用いられる。

大谷の「162Game Avg.」はどうなっているのか。

まずは今季、現地5月19日現在までの大谷の成績は次の通り。

打者(24試合)84打数27安打6本塁打17打点、打率.321
投手(6試合)3勝1敗32.2回13四球43奪三振13失点(自責13)、防御率3.58

そして、現地5月19日時点での大谷の「162Game Avg.」は、以下のようになっている。

打撃成績
162試合567打数182安打41本塁打115打点41四球142三振、打率.321

2017年のア・リーグ打撃成績に当てはめると、182安打はスクープ(オリオールズ)と並ぶ6位タイ。41本塁打は、52本の本塁打王ジャッジ(ヤンキース)、43本のデービス(オリオールズ)に次ぎ、ギャロ(レンジャーズ)とともに3位タイにつける。

さらに、115打点はクルーズ(マリナーズ)の119打点に次ぐ2位で、打率.321はアルトゥーベ(アストロズ)の.346、ガルシア(ホワイトソックス)の.330に次ぐ3位に相当する。

これはMVP候補になってもおかしくないぐらい、すばらしい成績だ。

投手成績
34試合17勝6敗、185回244奪三振74四球、防御率3.39

一方投手としての成績だが、これも2017年のア・リーグ投手成績に当てはめると、17勝はカラスコ(インディアンス)、クルーバー(インディアンス)、バルガス(ロイヤルズ)の18勝に次ぐ4位タイ。

244奪三振は308奪三振のセール(レンジャーズ)、265奪三振のクルーバー、249奪三振のアーチャー(レイズ)に次いで4位。

防御率3.39は9位に相当する。

サイ・ヤング賞候補とまではいかなくとも、エースと誇れるほどの成績である。

あくまで分析なので、どれほどこの成績に近づくかはわからない。しかし、これまでのデータを元に算出されたこれらの結果を見れば、現時点での成績がいかにすばらしいかがわかる。

二刀流では規定打席、規定投球回数には届かない?

ベースボール・リファレンスが公開した大谷選手のデータだけ見ればすごい成績だが、大谷は二刀流であり、規定打席、規定投球回数には届かないという。

現地5月19日終了現在におけるエンゼルスの消化試合数「46」でシーズン「162」試合を割って導き出される数値「3.52」を、現時点での成績に掛けた数字がシーズン最終成績の予想値となりそうだ(数字は四捨五入)。

打撃成績
84試合296打数(317打席)95安打21本塁打60打点21四球74三振 打率.321

投手成績
21試合11勝4敗114.2回46四球151奪三振46失点(自責46) 防御率3.61

MLBの規定打席は502で、規定投球回数は162。投手としても打者としても規定数に遠く及ばないことがわかる。

つまり、二刀流を続ける限り、投打のランキングに大谷の名前が載ることはないということ。

ただし、新人王の有力候補になる可能性はあるとのこと。

ちなみに、日本での大谷は規定打席に達したことはないが、規定投球回数には2度達し、2015年には防御率1位のタイトルも獲得している。

満足のいく活躍ができていなければ、投手か打者かどちらかに専念した方がいいかもしれないが、今日までの大谷の活躍を見れば、投手としても打者としても十分な成績を残しており、多くの人の予想を上回っている。

【MLB】大谷が投打一方に専念したら… 米データサイト予想「41本塁打」「17勝」 – Full-Count

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.