メンタルヘルスケアアプリ「LAFOOL」がウェアラブル端末と連動

0 748

メンタルヘルスケア事業に取り組むラフールは2018年5月23日、医療ヘルスケアの総合商社メディロム(旧リラク)とメンタルヘルスケアに活用するスマートフォンアプリ「LAFOOL」を共同開発したと発表した。

今回開発されたメンタルヘルスケア専用アプリ「LAFOOL」は、メディロム社と共同で開発した、企業の働き方やメンタルヘルスケアのための新しいスマートフォンアプリ。

ラフールが有するカウンセリングやストレスチェックシステム「priskHR」などのメンタルヘルスケアの専門ノウハウとメディロム社が有する体質改善プログラム「medites™」2を主としたヘルスケアコーチングの設計ノウハウを結集し、独自システムの開発に至った。

企業の働き方改革や就業者のメンタルヘルスケアのサポートに向け、ウェアラブルデバイスを組み合わせたサービスを提供するとのこと。

連携する端末は、様々なウェアラブルデバイスの中でもデザイン性が高く、プラットフォームの互換性があり長時間のバッテリー寿命や健康やウェルネスに関わる機能が充実しているFitbit端末を採用。

5月提供開始の初回バージョンは、当社のスリープテック(SleepTech)事業の足掛かりとして、Fitbitにて取得される睡眠データをモニタリング分析し、睡眠深度、中間覚醒頻度などを総合的に解析することで、個人のメンタルスコアが表示され、毎日の身体の健康状態を確認することが可能だという。

なお、スリープテックとは、睡眠と情報技術を掛け合わせた言葉で、AI等のテクノロジーを用いて睡眠の質を向上させる技術やサービスのことを指す。

また、解析結果をもとに、利用者の方がより快活に生活ができるように睡眠データからカウンセラー(臨床心理士)による毎日の個別メンタルヘルスコミュニケーションサービスも提供するとしている。

今後は解析を進めながら心拍などの様々な生体ログデータを含めたモニタリング解析を検討しており、睡眠データ取得、AI解析、専門家による的確な対策を練っていく。

Fitbit端末の睡眠データでカウンセラーがメンタルコーチング 新アプリ「LAFOOL」が5月より提供開始

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません