これからのゲームと文学のあり方を考えるトークイベントが6月17日に開催

0 123

4月に「日本型eスポーツの過去・現在・未来」というトークイベントを開催した、日本未来学会メディア部会であるデジタル・エンターティメント研究会は、6月17日(日)に公開トークライブ「ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」を開催する。

前回のトークイベントについては、次の記事を読んでいただければと思う。

日本にとってeスポーツ発展はボトムアップ型とトップダウンのどちらがいいか

今回開催されるイベントは、ビデオゲームをはじめ、広く「ゲーム」を扱った文学作品を10年単位で紹介し、これからの「ゲーム」と「文学」のあり方を考えようというもの。

未来のVRゲームを題材にした小説『レディ・プレイヤー1(邦題:ゲームウォーズ)』の映画化や、4月刊行の“伝説のプロゲーマー”による自伝的小説『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』が話題を博すなど、「ゲームと文学」の関係に、いま新たな潮流が起こりつつある。

『ポケモンGO』登場後の拡張現実ゲームのインパクトや「eスポーツ」ブームなどを背景に、ゲームをプレイする人々の体験が、時代の現実を映し出す普遍的な題材として、現代文学を再び活性化し始めているだと言えるだろう。

今回のトークライブでは、歴代のエポックメーキングとなった小説作品を振り返りながら、ゲームと文学のホットな化学反応を⼀望する。

イベント概要
名称:ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで
主催:日本未来学会 デジタル・エンターティメント研究会
日時:2018年6月17日(日) 13:30開場 14:00開演
会場:桜神宮会館(東京都世田谷区新町3-21-3、東急田園都市線桜新町駅北口徒歩2分)
http://www.sakura.jingu.net/access.html
料⾦:前売1,000円/当日1,500円
チケットはLivepocket(https://t.livepocket.jp/e/qfhhx)にて発売中

Leave A Reply

Your email address will not be published.