人工知能や米データ会社がW杯を分析!日本代表のグループステージ突破や優勝の可能性は?

0 179

6月14日から開催されるロシアワールドカップ。

各国が調整をする中、日本代表は6月8日に行われた国際親善試合でもスイス代表に2-0で負けるなど、ワールドカップ直前にして、手応えをつかめないまま苦悩している。

SAMURAI BLUE、スイスに0-2黒星で西野体制で連敗に | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

米データ会社による分析

スポーツなどのデータ分析を手がける米国のGracenote(グレースノート)社は、ロシア・ワールドカップについてデータに基づいたシミュレーションを実施。

各チームのグループステージ突破確率や優勝確率を算出した結果を公開している。

これは、出場チームを過去の結果に応じたポイントでランキング化し、各試合について勝利、引き分け、敗戦の確率を算出。その確率に基づいて大会全体について100万回のシミュレーションを行った結果だという。

優勝する確立が最も高かったのはブラジル代表で21%。スペインが10%、ドイツとアルゼンチンが8%、フランスが6%と続いている。

日本代表だが、グループHを2位以内で終えて決勝トーナメントへ進出する確率は「29%」という結果になった。

これは、同グループのコロンビア(77%)、ポーランド(50%)、セネガル(45%)のいずれの国にも劣る4番手という評価だ。

米データ会社が試算、日本代表のW杯グループステージ突破確率は…|フットボールチャンネル

人工知能(AI)による分析

数学的アプローチでサッカーを解明した書籍『Soccermatics』の著者として有名な、デイヴィッド・サンプター氏が人工知能(AI)を使って結果を分析した。

彼が開発した人工知能「サッカーボット」は、直近の対戦オッズやチームのパフォーマンスデータを収集し、主要なマトリックスデータを分析・計算。

ワールドカップロシア大会における各国チームの優勝確率も算出した。

この人工知能システム「サッカーボット」によれば、優勝する可能性が最も高いのは、前回ブラジル大会の覇者・ドイツで優勝確率は28.6%。

2位はブラジルで25%。3位には、フランス、スペイン、アルゼンチンでいずれも16.7%だった。

気になる日本だが、優勝確率はわずか0.3%(32カ国中25位)と、ほぼ絶望的な数字が算出された。

日本と同グループのコロンビア(2.5%)、ポーランド(3.3%)、セネガル(0.7%)と比べてもかなり低い確率なのがわかる。

もちろん、これらの分析はあくまで数字としての予想だ。どれだけデータの精度が高いのか気になる一方で、日本代表に頑張ってもらいたい気持ちはもちろん強い。

日本代表に対しては国内外から様々な厳しい声があるが、こういったデータの結果を覆すことができるのか。

人工知能がサッカーW杯を分析 日本優勝の確率は0.3%

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.