照明の光をVRでリアルに表現できる2つの仮想照明体験システム

0 80

岩崎電気は、光の専門メーカーとしてVR(仮想現実)空間での光のリアルな表現を追求した2つの仮想照明体験システム「iVR-360」(アイブイアール 360)、「iVR-Dive」(アイブイアール ダイブ)を開発した。

照明環境シミュレーションシステム「iVR-360」

「iVR-360」は、リアリティにこだわった光環境の再現性により、精度の高い照明環境シミュレーションを行うことのできるシステム。

あらかじめ設定したポジションから360度全周方向の照度、輝度、直視グレアなどを定量的に確認することが可能だ。(特許出願中)

照明環境を数値的、かつ感覚的に検証することにより、施主様や運営者様と照明設置後のイメージ共有の促進に活用でき、設計検討や試験施工の時間を短縮、その後の手戻りや調整の負担を軽減させる。

スポーツ照明を例にとると、明るく、ムラなくフィールドが照らせるか、プレイに支障のあるグレア(まぶしさ)がないか、球技であれば空間でのボールの見え方に問題が無いかなど、設計上の指標となる数値と、利用者が受ける印象の差異などを確認することが可能だという。

明るさ検証

照度・輝度表示

iVR-360

任意のポイントの照度値・輝度値を数値で表示することができる。

照度・輝度分布

iVR-360

任意の明るさ(照度・輝度)で色付けし、明るさの範囲を明確にすることができる。

直視グレア評価

任意の輝度値以上の照明器具を色付けでき、プレイの妨げになる直視グレアの有無を検証できる。

iVR-360

視認性評価

輝度対比の値に応じて色付けし、ボール等の見やすさを検証できる。

iVR-360

仮想照明空間体験システム「iVR-Dive」

「iVR-Dive」は、ヘッドマウントディスプレイにより、VR空間上を自由に移動しながら自由な視点で照明環境を体感できるシステム。

照明器具のグレア、映り込みなど、施設の完成イメージの把握、共有に役立つ。

また、DMX制御による照明演出を事前に確認することにより、照明設置後の調整期間短縮にもなる。

直視グレア評価

配光データに基づいた照明器具のグレアをビジュアル化でき、自由な視点・視線方向で照明器具のグレア感を確認できる。(特許出願中)

iVR-Dive

反射グレア評価

照明器具の床面などへの映り込みを自由な視点で検証することができる。

iVR-Dive

照射方向検証

照明器具の照射方向、照射位置をビジュアル化することで、詳細に検証することができる。

iVR-Dive

照明演出シミュレーター

DMX制御の演出データをVR空間上で再生可能。

iVR-Dive

光のリアルな表現を追求した2つの仮想照明体験システム「iVR-360」「iVR-Dive」を開発 | 2018 | 岩崎電気

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.