キャノン、ラグビー日本代表戦で8K映像の伝送実験に成功

0 127

キヤノンは、2018年6月9日(土)に大分銀行ドームで行われた「リポビタンDチャレンジカップ2018」のラグビー日本代表対イタリア代表の試合において、キヤノンの入出力機器を用いた8K映像の伝送実験に成功した。

キャノンによる8K映像の伝送実験
8K映像の伝送実験フロー(イメージ)・実証実験の様子

実験では、キヤノンが開発した8Kカメラ・レンズで撮影したライブ映像を衛星伝送し、キヤノン本社で8K/HDRディスプレイおよび4K/HDRプロジェクター4台を用いて8K上映することに成功。

入出力ともにキヤノンの4K、8K機器を用いることで、広いダイナミックレンジと広色域の表現豊かな映像の撮影、および離れた場所で臨場感あふれるライブ映像の視聴を実現した。

また、従来の8K映像の伝送は、8K専用のエンコーダー・デコーダーを使い圧縮した映像信号を光専用回線などで伝送していたが、今回の実験ではパートナー各社の協力の下、既存の4Kエンコーダー・デコーダー4台セットで圧縮した映像信号を衛星回線で伝送。

現行の4K機材も活用した8K映像伝送の実現により、今後、スポーツイベントの多拠点でのパブリックビューイングなどにおける8K画質で臨場感に優れた映像の利用シーンの拡大が期待される。

ラグビー日本代表戦で8K映像の伝送実験に成功 臨場感のあるパブリックビューイングの実現への取り組みを加速|キヤノングローバル

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.